ホーム > 製品 > 半導体 > オペアンプ(OP アンプ) & コンパレータ > NJM2115
オペアンプ(OP アンプ) & コンパレータ
NJM2115

2回路入り低飽和電圧オペアンプ

特長
  • 動作電源電圧 (±1V~±7V)
  • 低飽和出力電圧 (±2.0VP-P@V+=±2.5V)
  • スルーレート (4V/μs typ.)
  • 利得帯域積 (12MHz typ.)
  • 外形 (DIP8,DMP8,SIP8,SSOP8, TVSP8)
  • バイポーラ構造
概要
NJM2115は低電圧動作 (±1.0V MIN)、および低飽和出力電圧 (±2.5V電源で±2.0VP-P) を特徴とする汎用オペアンプです。5V単一電源での動作、および十分な出力電圧を必要とするポータブルCD、ラジカセCD、ポータブルDAT等のディジタルオーディオ機器に最適です。またNJM2115はNJM2100のバイアス回路を改良しているため、低電圧時 (<±2.5V)においてNJM2100よりさらに低飽和な特性が得られます。さらにV+/V->2.5VにおいてNJM2100より発振に対する安定性が向上しています。
パッケージ情報
製品名 パッケージ
外形図
ピン数Material Declaration
(RoHS/Halogen)
めっき
組成
製品質量(mg)
(参考値)
リフロー
実装
フロー
実装
手はんだ
実装
包装
形態
MSLフットパターン
NJM2115Ddownload
DIP8
8Sn2Bi510-一般--
NJM2115Mdownload
DMP8
8Sn2Bi95一般1
NJM2115Ldownload
SIP8
8-Sn2Bi940-一般--
NJM2115Vdownload
SSOP8
8Sn2Bi42一般1
NJM2115RB1download
TVSP8
8Sn2Bi18一般1
サンプル & 購入
製品名パッケージ名称ステータスパッケージ仕様サンプルWEB販売より購入
NJM2115DDIP8(Active)
NJM2115MDMP8(Active)
NJM2115LSIP8(Active)
NJM2115VSSOP8(Active)
NJM2115RB1TVSP8(Active)
ページトップへ