ホーム > 製品 > 半導体 > オペアンプ(OP アンプ) & コンパレータ > NJM072
オペアンプ(OP アンプ) & コンパレータ
NJM072

2回路入りJ-FET入力オペアンプ

特長
  • 動作電源電圧 (±4V~±18V)
  • J-FET入力
  • 高入力抵抗 (1012Ω typ.)
  • 低入力バイアス電流 (30pA typ.)
  • 高スルーレート (13V/μs,20V/μs typ.)
  • 広帯域 (3MHz,5MHz typ.)
  • 外形 (DIP8,DMP8,SIP8)
  • バイポーラ構造
概要
NJM072B/082B、NJM072/082は、入力段がJ-FETで構成されているオペアンプで高スルーレート、高入力インピーダンス、低バイアス電流、低入力オフセット電流を特徴とし、更にノイズ、歪率に関しても特別の配慮をはらっています。通信・計測等の産業分野をはじめとして音響等の分野にも広く御使用いただけます。
設計ツール
pdf NJM072 マクロモデル
パッケージ情報
製品名 パッケージ
外形図
ピン数Material Declaration
(RoHS/Halogen)
めっき
組成
製品質量(mg)
(参考値)
リフロー
実装
フロー
実装
手はんだ
実装
包装
形態
MSLフットパターン
NJM072Ddownload
DIP8
8Sn2Bi510-一般--
NJM072Mdownload
DMP8
8Sn2Bi95一般1
NJM072Ldownload
SIP8
8Sn2Bi940-一般--
サンプル & 購入
製品名パッケージ名称ステータスパッケージ仕様サンプルWEB販売より購入
NJM072DDIP8(Active)
NJM072MDMP8(Active)
NJM072LSIP8(Active)
関連製品
類似機能製品
ページトップへ