ホーム > 半導体 > 光半導体 > NJL5820R
光半導体
NJL5820R

光学式反射型回転検出用センサ

特長
  • 小型・薄型パッケージ (2.6 x 2.5 x 0.8mm)
  • デジタル2 相出力タイプ (A,B 相)
  • インクリメンタル出力方式
  • 分解能 (50.8LPI * Lines Per Inch (2LPmm * Lines Per mm))
  • 鉛フリーリフローはんだ付け対応 (255℃, 2 回)
  • 鉛フリー,ハロゲンフリー
  • RoHS 指令準拠
概要
NJL5820R は、高出力の赤外LED と自社製の受光IC 組み合わせた、表面実装小型・薄型の反射型センサです。推奨のストライプ反射板を利用する事で、2相(A,B 相)のデジタル信号が得られます。各種の回転検出に最適なセンサで、セットの低消費化や設計の簡略化に貢献できます。
アプリケーション
  • フォーカスリングの回転検出
  • 操作ダイアルの回転検出
  • 簡易エンコーダー

ページトップに戻る