ニュースリリース

新製品ニュース
2020年04月09日

高性能、高音質オーディオボリューム MUSES72323量産開始

新日本無線株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:森田 謙一)は、高性能、高音質オーディオボリューム「MUSES72323」の量産を開始しました。

概要

MUSES72323は、高性能、高音質の「MUSES」を冠したオーディオボリュームです。
最大±18Vの高い動作電圧、低歪率、低出力雑音、0.25dBステップ制御など高性能なボリュームです。
外部アンプを接続して使用するボリューム構成であり、自由度の高い設計が可能です。
MUSES72323は、高性能、高音質を追及する高級オーディオ機器、プロ用オーディオ機器に最適です。

MUSESとは

MUSES(ミューズ)は、高音質を追求したオーディオ用半導体デバイスのブランドです。
MUSES製品群は下記のコンセプトに基づいて生み出された、世界に類の無い製品です。
 1. 高品位な音の追求
 2. 色付けの無い、誇張の無い、損失の無い、原音に忠実な音の追求
 3. 数値では表しきれない、感性に響く音の追求

特長

  • 高音質
    • MUSES72323は、MUSESコンセプトをもとに開発したオーディオボリュームのフラグシップ製品であり、MUSESシリーズで培ってきた回路技術、半導体プロセス技術、組立技術を活用し、徹底的に試聴を繰り返して開発を行いました。
  • 高性能
    1. - 最大±18Vの動作電圧により高ダイナミックレンジを実現
    2. - 0.25dBステップの調整が可能
    3. - 低雑音/低歪率※1
    4. - ゼロクロス検出回路※2、ソフトステップ回路※3を組み合わせた、ボリューム切り換えノイズの低減
  • 自由な設計で高音質システム
    • 高音質なシステムを自由に構成出来るよう、オペアンプは外付けする構成として、自由度の高い音質設計が可能です。
      半導体ボリュームなのでチャンネル間ばらつきが小さくできるほか、MUSESシリーズのオペアンプと組み合わせる事により、より高音質のシステムが実現可能です。

20200409_MUSES72323_Fig-1.png
Fig.1 従来のボリュームIC構成
20200409_MUSES72323_Fig-2.png
Fig.2 MUSES72323の構成

製品機能

品名 MUSES72323
回路数 2
内蔵オペアンプ 非搭載
動作電源電圧範囲
(アナログ/デジタル)
±10 to ±18V
+3.0 to +5.5V
ボリューム 0 to -111.75dB
0.25dB step, Mute
ゲイン※4 +21 to 0dB
3dB step
全高調波歪率※1 0.00024%
出力雑音電圧※1 -124dBV
(0.63μVrms)
ゼロクロス検出回路※2
ソフトステップ回路※3
制御方式 3線シリアル
同時使用可能数 4
パッケージ SSOP32
11mm x 7.6mm
最小出荷単位 100pcs

  • ※1

    組み合わせるアンプの特性に準拠、表内はローノイズオペアンプ使用時の一例

  • ※2

    ゼロクロス : 入力信号がGNDレベル(基準電圧)付近の小さい振幅時にボリュームを切り換えることにより、信号入力時の切り換えノイズを低減する機能

  • ※3

    ソフトステップ: ボリュームを最小ステップより細かいステップで切り換えることにより、切り換えノイズを低減する機能。

  • ※4

    ボリュームと組み合わせる事で、ゲイン側も0.5dBステップでの調整が可能

製品外観

20200409_MUSES72323.JPG
MUSES72323V

アプリケーション

  • 高級オーディオ機器
  • プロ用オーディオ機器

生産予定/参考価格

  • 生産 : 生産中
  • 参考価格 : \3,000.-

企業情報

  • 会社名:新日本無線株式会社
  • 所在地:東京都中央区日本橋横山町3番10号
  • URL:https://www.njr.co.jp/

模倣半導体製品にご注意ください。

最近、MUSESと偽った模倣半導体製品が、世界各地で流通しているとの報告が増えております。模倣半導体製品は、外見上、正規MUSES製品と見分けがつかない場合が多いですが、性能、品質は劣悪な製品です。

お客様の機器、装置にご使用された場合、当社正規MUSES製品と同等の音質を得られないだけでなく、事故や故障につながる可能性があります。

MUSESのご購入は、必ず当社の営業、正規販売代理店・特約店より、お買い求めいただきますようお願いします。なお、弊社ではこれら模倣品を使用したことにより生じた、機器の故障、事故および損害などについて一切責任を負いかねます。

お客様にはご理解いただけますようお願い申し上げます。

このリリース内容は発表日時点の情報です。最新情報につきましてはお問い合わせください。

ページトップに戻る