ニュースリリース

新製品ニュース
2020年01月10日

新日本無線、高精度 可変シャントレギュレータNJM17431のサンプル配布を開始しました。

新日本無線株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:森田 謙一)は、高精度 可変シャントレギュレータNJM17431のサンプル配布を開始しました。

概要

新日本無線では、最新のプロセス技術と長年積み上げてきたアナログ回路技術を用いて設計した、高精度、広い安定動作領域の※1可変シャントレギュレータNJM17431のサンプル配布を開始しました。
基準電圧は0.8%と高精度で、大容量負荷に対しての安定動作領域を広げていますので、幅広いアプリケーションでの使用ができます。ツェナーダイオードからの置き換えも可能です。
安定動作領域が広いため、電機機器設計者の設計工数減や置き換えの際の評価負担減に貢献します。

※1一般的なシャントレギュレータでは、出力コンデンサに入手性の良い1μF前後の容量値のセラミックコンデンサを利用すると不安定領域に入るので動作が安定しません。 NJM17431はカソード電流の実使用領域であれば、0.01μFから100μFの範囲において安定動作します。

安定動作領域特性例

   20200110_chart.jpg

特長

  • 高精度基準電圧 2.5V±0.8%
  • 電源電圧範      VREF to 36V
  • 広い安定動作領域
  • 基準電圧の温度係数が小さい
  • 2本の外付け抵抗により出力電圧可変
  • バイポーラ構造
  • 外形             SOT-23-5
   20200110_PKG.jpg

アプリケーション

  • 産業機器
  • 家電機器
  • 精密電源
  • ツェナーダイオードの置き換え

生産/サンプル価格

  • 2020年2Qより量産開始予定
  • サンプル価格 \50.00

企業情報

  • 会社名:新日本無線株式会社
  • 所在地:東京都中央区日本橋横山町3番10号
  • URL:https://www.njr.co.jp/

このリリース内容は発表日時点の情報です。最新情報につきましてはお問い合わせください。

ページトップに戻る