ニュースリリース

新製品ニュース
2016年04月14日

デジタルオーディオ向け低位相雑音水晶発振用IC NJU6222のサンプル出荷開始

新日本無線株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:小倉 良)は、D/Aコンバータを備えるデジタルオーディオ機器の音質向上に寄与する低位相雑音の基本波水晶発振用IC「NJU6222」のサンプル出荷を開始しました。

概要

NJU6222は、デジタルオーディオに使用されるD/Aコンバータのマスタークロック生成に最適です。
TVやラジオのデジタル放送化、ハイレゾ音源の普及などにより、スマートフォン、タブレット端末、パソコン、ポータブルオーディオ、カーオーディオ、ホームオーディオなどのあらゆるオーディオ機器に高音質化が求められています。これらの機器に搭載されている、デジタル信号をアナログ信号に変換するD/Aコンバータのマスタークロックに、低位相雑音のクロックを使用することにより、原音(源信号)に忠実なアナログ信号に変換することが出来ます。
これにより、オーディオ機器は原音を忠実に再現できるため、高音質化が可能です。

NJU6222は、デジタルオーディオの高音質化に向けた回路の最適化と低雑音プロセスを活用することによって、水晶振動子(20MHz~50MHz)と組合せるクロック発振用ICとして世界最高水準の低位相雑音*1を実現しました。
また、動作電圧はポータブル機器への搭載に最適な低電圧から据置機器へ搭載可能な電圧まで、広い電圧範囲での低位相雑音特性を有します。

  • *1

    2016年3月 当社調べ

特長

SPXO*2向け発振用ICとして世界最高水準の低位相雑音を実現

20MHzから50MHzの水晶発振子と組み合わせることにより低位相雑音が実現出来ます。また、低位相雑音を実現しているため、RMSジッタも低減出来ます。

位相雑音 -158dBc/Hz @1kHz offset(fOSC=49.152MHz,VDD=1.8V)
-162dBc/Hz @1kHz offset(fOSC=49.152MHz,VDD=3.3V)
RMSジッタ 0.13psec @12kHz to 20MHz(fOSC=49.152MHz,VDD=1.8V)
0.05psec @12kHz to 20MHz(fOSC=49.152MHz,VDD=3.3V)
VDD=1.8V,f=49.152MHz,Ta=25℃
NJU6222_graph
VDD=3.3V,f=49.152MHz,Ta=25℃
NJU6222_graph
  • *2

    Simple Packaged Crystal Oscillator

広い動作電圧範囲 1.62~3.63V

バッテリー駆動のポータブルデジタルオーディオ機器からカーステレオや据え置き型オーディオ機器まで対応します。

チップサイズ 0.58 x 0.588mm

供給はChip及びWaferで提供。SMD2016サイズへの搭載など水晶発振器の小型化が可能です。

NJU6222
トレイ搭載図 : 赤丸が1つのNJU6222チップ

製品機能

低位相雑音 -158dBc/Hz @1kHz offset(fOSC=49.152MHz,VDD=1.8V)
-162dBc/Hz @1kHz offset(fOSC=49.152MHz,VDD=3.3V)
発振周波数 20MHz to 50MHz
動作電源電圧 1.62V~3.63V
動作温度範囲 Topr= -40ºC~+125ºC
トライステート出力  
スタンバイ機能 発振停止及び出力ハイインピーダンス
チップサイズ 0.58 x 0.588mm
チップ厚 130µm
外形 Chip, Wafer

アプリケーション

  • スマートフォン/タブレット端末、ノートパソコン/デスクトップパソコン、ポータブルオーディオ
  • カーオーディオ、ホームオーディオ、ホームシアター、電子楽器
  • 無線モジュール etc.

生産予定/サンプル

  • 2016年7月より量産開始

このリリース内容は発表日時点の情報です。最新情報につきましてはお問い合わせください。

ページトップに戻る