ニュースリリース

新製品ニュース
2013年11月14日

MUSESシリーズに銅太線ワイヤを用いたオーディオ用SiC-SBD 「MUSES7001」を新規追加

新日本無線株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:小倉 良)では、MUSESシリーズに銅太線ワイヤを用いたオーディオ用SiC-SBD(Silicon Carbide-Schottky Barrier Diode)MUSES7001を新規追加、開発を完了しサンプル配布を開始しました。

概要

MUSES7001は、オーディオ用途に適したSiC-SBDで銅太線ワイヤによる低損失化や、SiC-SBDの特長である高速スイッチング特性、音質を重視した製造技術によりオーディオ機器の高音質化を実現します。

本製品とオペアンプをはじめとしたMUSESシリーズと組み合わせることで、MUSESシリーズを用いたオーディオ機器の性能を、より一層効果的に引き出すことができます。

MUSES7001

  • 参考:MUSESシリーズは、「音の質感を高める」・「空間の再現性を高める」など音質にこだわり、材料/回路技術/チップレイアウトなど、新日本無線のオーディオIC技術を結集した高音質デバイスシリーズです。

特長

MUSESシリーズとの組み合わせにより性能を発揮

オペアンプをはじめとしたMUSESシリーズと組み合わせることで、MUSESシリーズを用いたオーディオ機器の性能を、より一層効果的に引き出すことができます。

低損失化を実現する銅太線ワイヤを採用

半導体チップとリードフレームを繋ぐワイヤに銅太線を採用、一般的に用いられるアルミニウム線に比べ低損失化を実現します。

低温製造法を用いた低雑音高速スイッチングSiC-SBD

SiC結晶にダメージを与えないよう低温製造法を用いた低雑音のシリコン・カーバイド・ショットキーバリアダイオード(SiC-SBD)です。シリコン・ショットキーバリアダイオード(Si-SBD)に比べ高速スイッチングが可能です。

製品機能

  • 高周波動作
  • 温度依存性が少ない安定した特性
  • 外形:TO-247

アプリケーション

  • ハイエンドオーディオ機器
  • プロ用オーディオ機器

MUSESMUSES は、新日本無線株式会社の商標または登録商標です。

このリリース内容は発表日時点の情報です。最新情報につきましてはお問い合わせください。

ページトップに戻る