ニュースリリース

新製品ニュース
2012年05月10日

車載機器向け中・小型LCDパネルに最適なI2C制御バックライト用LEDドライバーを開発

新日本無線株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長 小倉 良)では、カーナビゲーションやリアエンターテインメントモニターなど車載機器向けの中・小型LCDパネルに最適なバックライト用LEDドライバー、NJW4605を開発しました。

NJW4605は、バックライト用LEDを高効率駆動するために設計されたドライバーICで、3チャンネルの定電流ドライバ-と昇圧スイッチングレギュレーターで構成されており、最大24個のLEDを駆動できます。また、I2Cバスを使いLED駆動制御や異常検出などをマイコンから行えます。

特長

業界トップレベルの調光比と高いLED電流精度により、輝度や演色をこだわるLCDパネルに最適

NJW4605は業界トップレベル調光比 最小0.1%(1000:1)のため、わずかな差の輝度を表現できます。
また、LED電流精度及びチャネル間の電流誤差は共に、± 2%(max.)と高精度であるため、LED特性のバラツキによる色むらが発生しにくく、演色性にこだわるLCDパネルに最適です。

グラデュアル ディミング(自動調光)機能によりCPUに負荷をかけず、自然な調光が可能

グラデュアル ディミング機能とは、CPUによって既に設定されている調光値(輝度)から新規に設定した調光値までの中間値を、NJW4605が内部で生成・補間しながらLEDの輝度を変化させる機能です。
最大1024 ステップでパルス調光信号を補間調光でき、CPUに負荷をかけずに自然な調光が可能です。

外部同期機能によりラジオ・無線との干渉を防ぐことが可能

NJW4605の内蔵スイッチングレギュレーターは、外部クロックと同期したスイッチング動作が可能で、CPU等から適切な周波数のクロック信号を入力することで、ラジオ・無線との干渉を抑えることが可能です。
このため、カーナビゲーションなどの車載機器向け用途にも使用できます。

製品機能

  • 広い動作電源電圧範囲(ワイドインプットレンジ*1) : 6.0V ~ 30V
  • 動作電源電圧 : -40℃ ~ +105℃
  • I2C Bus 制御
  • 3チャンネル 定電流ドライバー : 10mA ~ 80mA/ch.
  • 高精度LED 電流設定 : ±2 % max.(@ILED=40mA)
  • スイッチング周波数 : 300kHz ~ 1MHz
  • PWM調光機能
  • FAULT 信号出力
  • 保護機能:LEDオープン/ショート保護、過電流保護、過電圧保護、低電圧誤動作防止回路、サーマルシャットダウン
  • 外形 : SSOP32(11.0×7.6×1.25mm)
  • *1

    車載機器、産業機器など幅広い分野において、広範囲の電源電圧に対応するICが求められています。 新日本無線ではこの市場ニーズに対応するため、数V ~ 35Vという広範囲の電源電圧に対応することができる、ワイドインプットレンジの製品群(パワー用途IC)を提供しています。

  • > ワイドインプットレンジプロダクツ

アプリケーション

  • カーナビゲーション、リアエンターテインメントモニター など

生産予定/サンプル

  • 生産予定:月産10万個で生産開始済
  • サンプル配布:開始済
  • サンプル価格:@¥200

このリリース内容は発表日時点の情報です。最新情報につきましてはお問い合わせください。

ページトップに戻る