ニュースリリース

新製品ニュース
2011年09月13日

セグメントLCDドライバー NJU6532/ NJU6549 生産開始のお知らせ

新日本無線株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:小倉 良)では、車載インフォメーションパネルなどに採用が進んでいる、垂直配向型液晶(Vertical Alignment-LCD 以下VA-LCD)パネルの駆動に最適なセグメントLCDドライバー 2品種 NJU6532/NJU6549の開発を完了し生産を開始しました。

開発背景

車載インフォメーションパネル、カーオーディオ、DVD/HDDレコーダーなど表示部は、低消費電力化の要求から蛍光表示管(VFD)に代わって液晶ディスプレイ(LCD)の採用が進んでいます。しかし、従来のTN/STN (Twisted Nematic/Super Twisted Nematic)-LCDパネルでは視認性が低いことが問題となっており、高コントラスト比でより視認性が高いVA-LCDパネルが注目されています。
このような背景から、新日本無線では業界初*1となるVA-LCDパネル駆動に最適な、高駆動電圧・高フレーム周波数に対応したセグメントLCDドライバーLSI、NJU6532/NJU6549の開発を行いました。

製品特長

VA-LCDパネルに最適な高駆動電圧、高フレーム周波数

VA-LCDパネルの駆動には、TN/STN-LCDパネルの駆動に比べて約1.5~2倍の駆動電圧が必要となります。NJU6532は8V max.、NJU6549では12V max.の高駆動電圧を高耐圧C-MOSプロセスを適用することによって実現しています。
また、フレーム周波数についても、TN/STN-LCDパネルに比べて2~4倍程度が要求されます。NJU6532は470Hz max.、NJU6549は400Hz max.のフレーム周波数で動作保証しています。

出力電力は他社同等製品に比べ約20%向上*2させた、1.2W出力となっており火災報知器などでも充分な音圧レベルを確保できます。

セグメント数制御が可能なため、異なるLCD表示パターンにも対応。(NJU6549のみ)

NJU6549は表示Duty選択機能によって、最大1,800セグメント(1/9Duty時)までの制御が可能です。これにより、表示桁数の多寡だけでなく、異なるLCD表示パターン(セグメント表示(7/16-seg)、キャラクタ表示(5×8dot)等)でもドライバーLSIの変更なく対応できます。

用途に応じた豊富な実装形態を用意

使用機器、基板スペース、実装方法に合わせた最適な実装形態(パッケージ)をお選びいただけます。

  • 中・小型LCDパネル用として、2011年9月当社調べ
  • SSOP44 (11.0×7.6×1.15mm)

バンプチップ(COG/COF*2形状のLCDモジュールに最適)

*1 2011年7月、当社調べ

*2 Chip On Glass / Chip On Film

20110913_NJU6532p.jpg
NJU6532p

製品機能/アプリケーション

製品名 製品機能 アプリケーション
NJU6532 1/3,1/4Duty・セグメントLCDドライバー 車載メーター、カーオーディオ、電力計
NJU6549 スタティック 1/3,1/4,1/8,1/9DutyセグメントLCDドライバー 車載インフォメーションパネル、カーオーディオ

スワイプしてください

生産予定/サンプル価格

製品名 サンプル配布 生産予定 サンプル価格
NJU6532 開始済 9月より開始済、1万個/月 ¥140/個
NJU6549 開始済 9月より開始済、5万個/月 ¥350/個

スワイプしてください

企業情報

  • 会社名:新日本無線株式会社
  • 所在地:東京都中央区日本橋横山町3番10号
  • URL:https://www.njr.co.jp/

このリリース内容は発表日時点の情報です。最新情報につきましてはお問い合わせください。

ページトップに戻る