サプライチェーンとのかかわり

CSR調達の推進

新日本無線グループは、CSR調達の推進を図るためPDCAサイクルを構築しています。

2015年に「新日本無線グループサプライチェーンCSR推進ガイドライン」(以下、「CSR推進ガイドライン」という)を定め、サプライヤーさまに、パートナーズミーティングを通じてその取り組みについてご理解をいただくとともに、CSRアンケートを実施してきました。2017年度は、主要サプライヤーさま325社にCSRアンケートを実施し、そのすべてから回答をいただきました。また、新規に取引を開始するサプライヤーさまについては、取引開始に際しCSR推進ガイドラインについてご理解いただくとともに、CSRアンケートにご協力いただき、CSR活動の実施状況を把握しています。


2017年度 パートナーズミーティング
パートナーズミーティング来場者

今後さらにサプライヤーさまとの相互信頼関係に基づく協力体制を構築し、持続可能なサプライチェーンの実現に向けた取り組みを強化していきます。

CSR調達を推進するためのPDCAサイクル
CSR調達を推進するためのPDCAサイクル

新日本無線グループ調達基本方針

  • オープン・ドア・ポリシー
    • 自由競争の原則により、オープンで公平、公正な購買・外注活動に努めます。
  • パートナーシップ
    • 健全な取引関係を通じた対等なパートナーとして、お取引先と共に発展、成長したいと願っております。そのために、より緊密なコミュニケーションを通じ、相互理解、信頼関係を深めていくよう努力します。
  • 法令順守・機密保持
    • 法令を順守することはもとより、社会規範を尊重し、良識ある購買・外注活動を推進します。また、取引を通じて知り得たお取引先の秘密情報は、適正に管理し、お取引先の承諾なしに外部に対して開示することはありません。
  • グリーン調達
    • 地球環境保全のために、環境に優しい調達に取り組んでいきます。
  • CSR
    • 当社は、CSR(Corporate Social Responsibility=企業の社会的責任)への取り組みを全社的に推進しています。そのため、購買・外注活動についてもCSR調達を進めていきます。
紛争鉱物への対応

新日本無線グループは、顧客の皆さまに、安心して当社製品をご利用していただけるよう、「新日本無線グループ紛争鉱物対応方針」を制定し、当グループおよびサプライチェーンにおける紛争鉱物(紛争や人権侵害などに関わる武装勢力の資金源となる鉱物:タンタル、すず、金、タングステン)の不使用に向けた取り組みを行っています。紛争鉱物の対応については、CSR調達の一環として「CSR推進ガイドライン」にも盛り込み、サプライヤーの皆さまに協力を要請しています。

新日本無線グループ紛争鉱物対応方針

新日本無線グループは、コンゴ民主共和国および周辺諸国で産出され、紛争や人権侵害などに関わる武装勢力の資金源となる鉱物(紛争鉱物)を製品に使用しない方針です。

また、取引先(サプライヤー)の皆様にも、サプライチェーンにおいて紛争鉱物を使用しないよう要請してまいります。

ページトップへ