生物多様性の保全

新日本無線は、生物多様性の保全のため、社会との連携を通じて、河川の保全活動に取り組んでいます。


生物多様性保全活動

新日本無線は、川越製作所の周辺を流れる新河岸川の保全活動に参加しています。

2017年度は、従業員およびその家族を合わせて15名が参加しました。

この活動は埼玉県「川の国応援団」舟運・ふじみんの郷が主催し、行政、近隣自治会、事業者などの賛同を得て、多くの方々が参加されています。

新河岸川には、さまざまな動植物が生息しており、この豊かな自然を守るため、土手の保全と動植物の生態系維持を主とした活動を行っています。


新河岸川に生息する野鳥
新河岸川に生息する野鳥
土手の保全活動
土手の保全活動

佐賀エレクトロニックスは、生物多様性保全活動として、2017年12月、佐賀県の協力を得て唐津市にある「樫原湿原」の環境保全活動を開催しました。参加者は、佐賀県の指導者1名、同社からは16名、一般ボランティアが5名参加し、総勢22名となりました。ここでの保全活動は、自然植生の再生、水田や周辺の再生が主な活動となります。当日は、落ち葉拾いや樹木の伐採を行いました。今後も毎年継続して実施していく予定です。


樫原湿原の保全活動参加者
樫原湿原の保全活動参加者
樹木の伐採作業
樹木の伐採作業
ページトップへ