事業領域

ヘルスケア

先進のオプトデバイスで
個人向けヘルスケア
市場を
拓く。

産業機器から民生機器、自動車産業まで、様々な分野での応用が進む新日本無線の光半導体素子。特に医療やヘルスケアの分野では、個人向けのヘルスケア製品のキーデバイスとしての応用が注目されています。

高精度オプトデバイスが拓く、ヘルスケアの新領域

日常生活の中の体調の変化を「見える化」して予防医療に活かしたり、スポーツ中の体調管理をきめ細かに行なって脱水や熱中症を防いだりという、ヘルスケアのニーズが高まっています。新日本無線の光半導体素子は、利用場所を選ばず高精度の測定が可能なセンサとして、この新分野に挑むセットメーカ様に採用いただいています。
その最新事例が、血管に光を照射してその反射光の変化から脈拍や血中の酸素量(SpO2:動脈血酸素飽和度)を測る腕時計タイプの端末です。ジョギング中の運動負荷、体調、睡眠状態のモニターなども含め、健康状態を手軽に確認できる画期的なウェアラブル端末に採用されているのが、LEDと受光素子がワンパッケージになった新日本無線のオプトデバイスです。
採用のポイントは、使う場所、使う人に左右されない高い測定精度です。病院など特定の場所で使用される従来型の医療機器とは異なり、使用場所を限定しない個人用端末では外乱光の管理が難しく、これがノイズの原因になります。新日本無線のオプトデバイスはセンサに光学フィルタ特性を持たせることにより外乱光を防ぐことでこのノイズを排除し、高精度な信号検出を実現しました。
世界市場に向けた製品開発では人種の違いへの配慮も求められます。新日本無線は、様々なスキンカラー被験者を使った実証データを積み重ね、肌の色が違っても正確な測定が可能なセンサの開発によってこのニーズにも応えました。
ヘルスケアのスタイルを一新するウェアラブル端末の開発に貢献した新日本無線の光半導体素子。この他にも指を当てるだけで脈拍とSpO2を検知するスマートフォンや、音楽を聞きながらヘルスチェックできるオーディオイヤホンなど、様々な新製品開発を支えています。

コンパクトで高精度な
デバイスパッケージ

オプトエレクトロニクスを使った仕組みを製品に組み込むには、受光素子、発光素子をそれぞれ別々の部品として調達しシステムを組み上げる方法と、両方の素子が組み込まれた新日本無線のデバイスパッケージを利用する方法があります。
新日本無線のデバイスを選択されるお客様が第一に評価されるのは、そのコンパクトさです。個別の部品でシステムを組む場合と比べるとはるかに少ないスペースで機能追加ができるため、ウェラブル端末やスマートフォンなどモバイル系ツールの開発に最適です。回路設計の手間がかからず、実装面積の大幅な低減化に貢献すると同時に、開発期間の短期化も可能です。
もう一つの評価ポイントは、測定精度の高さです。これを可能にしているのが、新日本無線が長年培ってきた光学設計、回路設計、モジュール設計のノウハウです。光学設計では測定対象やパッケージの条件に合わせて、発光素子の波長や受光素子の感度特性などの重要特性の最適設計を行ないます。回路設計では検出した信号の増幅からノイズ除去、デジタル変換までの一連の処理回路を一つのチップに効率よく実装します。モジュール設計では外乱光を防ぐ樹脂の種類、チップとの距離などを製品ニーズに合わせて設定します。これらすべてのノウハウを統合することで、一つのモジュールとしての完成度と高い測定精度が得られるのです。

パッケージが加速する
製品開発

オプトエレクトロニクスを応用したヘルスチェックの機能はもはや一部の先進的な製品だけではなく、様々な製品に採用されるようになってきました。多くのセットメーカ様がキャッチアップしようとしていますが、そこで立ちはだかるのが光学設計の難しさです。
光量から体の状態を算出するアルゴリズム自体は市場からすぐに調達できますが、測定に最適な距離や角度を探ったり、外乱光の補正回路を自社設計したりするには何年もかかるでしょう。
開発を急ぐセットメーカ様におすすめなのが、新日本無線のパッケージです。あらかじめ光学特性が揃っている受発光素子のパッケージを利用することで、製品開発のターンアラウンドタイムを大幅に短縮できるでしょう。すでに数多くのメーカが新日本無線のパッケージを採用しています。
今、新しいアプローチとして、血糖値や血圧を測定する製品の開発も支援しています。ウェアラブル端末一つで血圧が測れて、採血しなくても血糖値が測れるようになれば、多くの人々を成人病のリスクから救うことができるでしょう。
将来的には医療機関で使用される医療認定キットの市場にも参入する予定です。個人が日常的に使うヘルスケア製品から、本格的な医療機器まで、新日本無線のパッケージが、お客様の製品開発を加速します。

ページトップに戻る