ホーム > 製品 > 半導体 > モータIC > NJW4375
モータIC
NJW4375

モーションコントロール機能内蔵ステッピングモータドライバ

特長
  • 電源電圧範囲 (
    VMM =10~36V
    VDD =2.7~5.5V)
  • 出力電流 (
    バイポーラ駆動時:Io=0.5A (RON(H+L)=0.9Ω typ.)
    ユニポーラ駆動時:Io=1A (RON(L)=0.45Ω typ.))
  • 定電流制御回路内蔵
  • 台形速度軌跡PG機能 (
    最高速度4092pps (FS設定と同一クロック入力時)
  • SPIシリアルデータ通信 (SDI、SCK、CS端子)
    出力動作状態設定
    動作:
    定電流PWM(電流検出)動作 - 100%/70%/40%
    定電圧PWM(ダイレクトPWM)動作 - 100%/75%/50%
    停止:
    定電流PWM(電流検出)動作 - 100%/70%/40%/20%
    定電圧PWM(ダイレクトPWM)動作 - 100%/75%/50%/25%
    ブレーキ、出力全OFF
    周波数設定(1024パターン)
    加減速レート設定(16パターン、更新時間:1ms(FS設定と同一クロック入力時))
    回転方向設定
    励磁方式設定(フル/ハーフステップ)
  • CLK分周率設定機能(FS端子) 8MHz/12MHz選択
  • その他の機能 (
    リセット入力(RESET端子)
    スタート/ストップ入力(SS端子)
    内部パルス出力(POUT端子)
    回転方向出力(DOUT端子)
    ALARM出力(ALARM端子)
  • 低電圧誤動作防止(UVLO)回路内蔵
  • サーマルシャットダウン(TSD)回路内蔵
  • ユニポーラ/バイポーラモータ対応
  • BCD構造
  • パッケージ (SSOP32、SDIP22)
概要
NJW4375はモーションコントロール用のパルスジェネレータ(PG)を内蔵した小型ステッピングモータのドライバICです。基準クロックをもとに、内部分周回路で任意のパルス周波数に設定し、パルス周波数コントロールを伴いながらステッピングモータの駆動を行います。入力部はSPIによるシリアル通信に対応しており、動作状態、モータ駆動周波数、加速レートを指令することで、モータの回転数(周波数)や加減速動作を容易に設定することが可能です。モータの駆動方式はユニポーラ、バイポーラモータのフルステップ、ハーフステップに対応しており、定電流制御が行えます。ステッピングモータの速度制御、起動シーケンスの簡素化などに最適です。
パッケージ情報
製品名 パッケージ
外形図
ピン数Material Declaration
(RoHS/Halogen)
めっき
組成
製品質量(mg)
(参考値)
リフロー
実装
フロー
実装
手はんだ
実装
包装
形態
MSLフットパターン
NJW4375V download
SSOP32
32 Sn2Bi 185 - 脱気梱包 2a
NJW4375L download
SDIP22
22 Sn2Bi 1080 - 一般 - -
サンプル & 購入
製品名パッケージ名称ステータスパッケージ仕様サンプル
NJW4375V SSOP32 (Active)
NJW4375L SDIP22 (Active)
ページトップへ