ホーム > 製品 > 半導体 > 電源IC > NJW4191
電源IC
NJW4191

負電圧出力チャージポンプIC

特長
  • 負電圧出力 (-17V max.)
  • 広動作電圧範囲 (4.7V~17V)
  • 最大出力電流 (55mA max.)
  • セラミックコンデンサ対応
  • 出力電圧コントロール機能
  • ON/OFF機能
  • 発振回路内蔵 (300kHz typ.)
  • 外部同期対応 (1/4分周(A ver.))
  • サーマルシャットダウン
  • NJU7660/NJU7662 の負電圧回路とコンパチブル*
  • 外形 (NJW4191R:VSP8, NJW4191M:DMP8)
概要
NJW4191 は、+4.7V~+17V の入力電圧に対し負電圧を発生するチャージポンプIC です。入出力コンデンサとチャージポンプコンデンサを外付けするのみで、負電圧回路が構成できます。従来品のNJU7660/NJU7662 の負電圧回路に比べて、高出力電流化、コンデンサの小型化が可能です。またON/OFF 回路、出力電圧コントロール機能、外部同期機能を備え、使い易さの向上を図りました。液晶パネル、CCD、センサのバイアス電圧用途やアンプの電源生成用途に最適です。また倍電圧出力アプリケーション向けにNJW4190 をラインアップしています。
パッケージ情報
製品名 パッケージ
外形図
ピン数Material Declaration
(RoHS/Halogen)
めっき
組成
製品質量(mg)
(参考値)
リフロー
実装
フロー
実装
手はんだ
実装
包装
形態
MSLフットパターン
NJW4191R download
VSP8
8 Sn2Bi 21 一般 1
NJW4191M download
DMP8
8 Sn2Bi 95 一般 1
サンプル & 購入
製品名パッケージ名称ステータスパッケージ仕様サンプル
NJW4191R VSP8 (Active)
NJW4191M DMP8 (Active)
ページトップへ