ホーム > 製品 > 半導体 > オペアンプ(OP アンプ) & コンパレータ > NJU77806
オペアンプ(OP アンプ) & コンパレータ
NJU77806

5.5nV/√Hz ローノイズ, 500μA ローパワー出力フルスイングCMOSオペアンプ (RFノイズ耐性オペアンプ)

特長
  • 入力換算雑音電圧 (
    f=10Hz 11nV/√Hz
    f=1kHz 5.5nV/√Hz))
  • 消費電流 (500μA typ.)
  • GB積 (4.4MHz)
  • スルーレート (1.1V/μs)
  • 電源電圧 (
  • 単電源 1.8V to 5.5V
  • 両電源 ±0.9 to ±2.75)
  • 出力フルスイング(RL=10kΩ) (50mV from rail)
  • グランドセンス
  • 同相入力電圧範囲 Vss-0.1V to VDD-0.9V
  • 入力オフセット電圧 (2mV max.)
  • 入力オフセット電圧ドリフト (1.5μV/℃ typ.)
  • 高RFノイズ耐性
  • 外形 SC-88A
概要
NJU77806 は、1kHz で5.5nV/√Hz という非常に小さい入力換算雑音電圧を実現した出力フルスイングCMOSオペアンプで、利得帯域幅積は4.4MHz、スルーレートは1.1V/μsec です。これらの低雑音・広帯域特性を備えながら、消費電流を500μA という小さい値に抑えているため、バッテリー駆動などの消費電力を低く抑えたいアプリケーションにおいて低雑音と低消費を実現する電力効率の優れたシステム設計に最適です。NJU77806 は、低周波数の10Hz にてわずか11nV/√Hzの極めて小さな入力換算雑音電圧を実現しています。消費電流500μA という小さい値に抑えながら、1/f 雑音による低周波数領域の雑音悪化を抑えた高性能オペアンプです。これらの特性は低周波数を扱うアプリケーションの信号忠実度に有効であり、オーディオ、センサ・ベース、またはアクティブフィルタの用途に最適です。NJU77806 は、1.8V から5V 電源電圧範囲での特性を保証しています。低雑音、且つ低消費電流特性に加えて、1.8V からの低電圧動作も実現しているため、バッテリーの寿命を最大限に利用できます。NJU77806 は、高いRF ノイズ耐性を備えており、携帯電話や無線などを使用する環境においても誤作動を起こしにくいように対策しています。NJU77806 は、実装面積の小さいSC-88A パッケージで供給されます。この小型パッケージにより省スペース化を必要とするポータブル機器や携帯電話などのアプリケーションに最適です。
アプリケーション
  • ローノイズマイクアンプ
  • フォトダイオードアンプ
  • ショックセンサーアンプ
  • 加速度センサーアンプ
  • セキュリティ機器
  • ワイヤレスLAN
  • 通信機器
パッケージ情報
製品名 パッケージ
外形図
ピン数Material Declaration
(RoHS/Halogen)
めっき
組成
製品質量(mg)
(参考値)
リフロー
実装
フロー
実装
手はんだ
実装
包装
形態
MSLフットパターン
NJU77806F3 download
SC-88A
5 Sn2Bi 7.46 可(Only Sn2Bi) 一般 1
サンプル & 購入
製品名パッケージ名称ステータスパッケージ仕様サンプル
NJU77806F3 SC-88A (Active)
ページトップへ