ホーム > 製品 > 半導体 > 電源IC > NJU7708
電源IC
NJU7708

遅延機能外部調整型ボルテージディテクタ

特長
  • 高精度検出電圧 (±1.0%)
  • 超低消費電流 (1.3μA)
  • 検出電圧(内部固定式) (1.3~6.0V(0.1V step))
  • 遅延時間切り替え機能付 (0ms/50ms/100ms/200msで設定可能(内蔵固定型))
  • 出力形式 (Nchオープンドレイン)
  • C-MOS構造
  • 外形 (SOT-23-5)
概要
NJU7708はC-MOSプロセスを使用し、遅延機能内蔵固定型、高精度検出検出±1.0%、超低消費電流1.3µA等の特徴を持った電圧検出器です。バッテリーの低電圧検出やマイコンの供給電源の電圧低下による誤動作防止などの用途で活躍します。電源電圧が不安定な場合、遅延機能により待ち時間を設けることが可能です。また、周辺回路を先に立ち上げ、安定させてからマイコンやDSPを駆動させる、といったシーケンスを組むことが出来ます。遅延時間はD1/D2端子の論理組合せにて4種類を切り替えることが可能です。パッケージはSOT-23-5を使用し、セットの小型化が要求されるポータブル機器や、マイコン・DSP等を使用するあらゆる機器に最適です。
パッケージ情報
製品名 パッケージ
外形図
ピン数Material Declaration
(RoHS/Halogen)
めっき
組成
製品質量(mg)
(参考値)
リフロー
実装
フロー
実装
手はんだ
実装
包装
形態
MSLフットパターン
NJU7708F download
SOT-23-5
5 Sn2Bi 15 一般 1
サンプル & 購入
製品名パッケージ名称ステータスパッケージ仕様サンプル
NJU7708F SOT-23-5 (Active)
関連製品
類似機能製品
ページトップへ