ホーム > 製品 > 半導体 > 水晶発振用IC > NJU6222
水晶発振用IC
NJU6222

低位相ノイズ 基本波水晶発振用IC

特長
  • 最高発振周波数 (20~50MHz(基本波))
  • 周波数電源変動 (±1ppm @1.8V±10%, 3.3V±10%)
  • 動作電源電圧範囲 (1.62~3.63V)
  • 超低位相ノイズ (
    -103dBc/Hz(Typ.) @49.152MHz,10Hz オフセット, VDD=1.8V
    -158dBc/Hz(Typ.) @49.152MHz,1kHz オフセット, VDD=1.8V
    -103dBc/Hz(Typ.) @49.152MHz,10Hz オフセット, VDD=3.3V
    -163dBc/Hz(Typ.) @49.152MHz,1kHz オフセット, VDD=3.3V)
  • RMS Jitter (
    0.10psec(Typ.) @49.152MHz, 12kHz~20MHz, VDD=1.8V
    0.05psec(Typ.) @49.152MHz, 12kHz~20MHz, VDD=3.3V)
  • 低動作電流 (3.1mA(Typ.). @49.152MHz, 1.8V, CL=15pF)
  • 分周段内蔵 (f0, f0/2(工場設定))
  • スタンバイ機能 (発振停止及びFOUT 出力ハイインピーダンス)
  • トライステート出力
  • 可変プルアップ抵抗内蔵(CONT 端子)
  • 発振用容量内蔵 (Cg, Cd)
  • C-MOS 構造
  • 外形 (チップ/ウエハ(1/4 ウェハー含む))
概要
NJU6222 シリーズは、低電圧で超低位相ノイズを実現した基本波水晶発振用C-MOS IC で、発振用アンプ、分周器(f0, f0/2)及びトライステートバッファで構成されています。更に、フリップチップ及びワイヤボンディング実装が可能な様に、2 種類のパッド配置を準備しています。低電圧で超低位相ノイズの実現によって、バッテリー駆動の高音質オーディオ、通信機器等のアプリケーションに最適です。
ページトップへ