ホーム > 製品 > 半導体 > 水晶発振用IC > NJU6212
水晶発振用IC
NJU6212

1.8V動作 低電源変動 基本波水晶発振用IC

特長
  • 周波数電源変動 (±1ppm@VDD±10%)
  • 動作電源電圧 (1.62 ~ 3.63V)
  • 最高発振周波数 (60MHz(基本波))
  • 低消費電流動作 (5mA typ.@60MHz/3.3V/15pF)
  • 分周段内蔵 (最大f0/8分周まで)
  • 定電圧源内蔵
  • 発振停止及び出力スタンバイ機能
  • トライステート出力
  • 可変プルアップ抵抗内蔵
  • 内蔵容量付
  • C-MOS構造
  • 外形 (チップ/ウエハ)
概要
NJU6212 シリーズは、電源変動に対する発振周波数の高安定化を実現した基本波水晶発振用C-MOS ICであり、発振用アンプ、LDO、レベルシフタ、分周器及びトライステートバッファで構成されます。動作電圧は1.62V から3.63V で、LDO を内蔵することで、電源変動に対する発振段の特性変動を抑え、発振周波数の高安定化をはかっています。分周器は、内部結線によりf0 ,f0/2,f0/4,f0/8 及びf0/16 のうち1波のみを出力します。トライステートバッファは、高ファンアウトなC-MOSコンパチブルになっています。スタンバイ時には1uA 以下の低消費電流となりバッテリーの寿命を延ばすため、通信機器などのポータブルアプリケーションに最適です。
シリーズ構成
バージョン出力周波数内部接続Cg/Cd
ShortOpenN
NJU6212Af0AB-9.3/10.7pF
NJU6212Bf0/2BA29.3/10.7pF
NJU6212Cf0/4BA49.3/10.7pF
NJU6212Df0/8BA89.3/10.7pF
ページトップへ