ホーム > 製品 > 半導体 > 電源IC > NJM2381
電源IC
NJM2381

電流センスアンプ内蔵型フライバック用スイッチングレギュレータ制御IC

特長
  • PWM方式スイッチング電源制御
  • 低電圧動作 (3.6V~32V)
  • 広発振周波数 (5kHz~350kHz)
  • 電流センスアンプ内蔵
  • ソフトスタート機能内蔵
  • UVLO(低電圧誤動作防止回路)内蔵
  • バイポーラ構造
  • 外形 (DIP14,DMP14,SSOP10)
概要
NJM2381は、低電圧電源動作可能な、電流センスアンプ内蔵型フライバック用スイッチングレギュレータ制御ICです。出力にトーテムポール型出力形式を採用し、外付けバイポーラトランジスタを直接ドライブする事が可能です。また電圧検出を行う誤差アンプの他に、電流センスアンプを内蔵しているため、常に出力電流の状態も検出することが可能です。
パッケージ情報
製品名 パッケージ
外形図
ピン数Material Declaration
(RoHS/Halogen)
めっき
組成
製品質量(mg)
(参考値)
リフロー
実装
フロー
実装
手はんだ
実装
包装
形態
MSLフットパターン
NJM2381D download
DIP14
14 Sn2Bi 1130 - 一般 - -
NJM2381M download
DMP14
14 - Sn2Bi 182 一般 1
NJM2381V download
SSOP10
10 Sn2Bi 42 一般 1
サンプル & 購入
製品名パッケージ名称ステータスパッケージ仕様サンプル
NJM2381D DIP14 (Active)
NJM2381M DMP14 (Active)
NJM2381V SSOP10 (Active)
ページトップへ