ホーム > 製品 > 半導体 > 光半導体 > NJL5501R
光半導体
NJL5501R

COBP 2波長フォトリフレクタ

特長
  • 発光波長 λp 660±3nm(赤LED)、940±10nm(近赤外LED)
  • 高出力 1000~4300μA (赤LED)、145~580μA (近赤外LED)
  • リードレス小型・薄型COBP (1.9mm×2.6mm×0.8mm)
概要
NJL5501Rは赤LED、近赤外LEDと高感度フォトトランジスタを搭載した表面実装タイプのフォトリフレクタです。最適な発光波長(λp 660±3nm、940±10nm)により血中酸素飽和度や脈拍などの生体モニタのアプリケーションに適しています。
アプリケーション
  • 血中酸素飽和度や脈拍などの生体モニタ
ページトップへ