ホーム > 製品 > 半導体 > 通信用IC & RFデバイス > NJG1739K51
通信用IC & RFデバイス
NJG1739K51

5GHz帯SPDT スイッチ + LNA GaAs MMIC

特長
  • 動作電圧 (VDD=3.6V typ.)
  • 動作周波数 (freq=4900~5900MHz)
  • [ RX LNA mode ]
  • 動作電流 (8mA typ. @VDD=3.6V, VCTL1=VCTL3=3.3V, VCTL2=0V)
  • 小信号電力利得 (12.0dB typ.)
  • 雑音指数 (2.5dB typ.)
  • 1dB 利得圧縮時入力電力 (0dBm typ.)
  • [ RX Bypass mode ]
  • 動作電流 (4μA typ. @VDD=3.6V, VCTL1=3.3V, VCTL2=VCTL3=0V)
  • 挿入損失 (8.5dB typ.)
  • 1dB 利得圧縮時入力電力 (+15dBm typ.)
  • [ TX mode ]
  • 挿入損失 (0.5dB typ.)
  • 0.1dB 利得圧縮時入力電力 (+29dBm typ.)
  • パッケージ (QFN12-51 (Package size: 2.0mm x 2.0mm x 0.375mm typ.))
  • RoHS 対応、ハロゲンフリー、MSL1
概要
NJG1739K51 は無線LAN のフロントエンド用途に設計された5GHz帯SPDTスイッチ + 低雑音増幅器GaAs MMIC です。NJG1739K51 は低消費電流とTX 経路の低挿入損失、RX LNA モードでの低雑音指数を特徴とします。NJG1739K51 はESD保護素子を内蔵している高ESD耐圧を有します。パッケージには小型・薄型のQFN12-51 パッケージを採用しました。
アプリケーション
  • 5GHz 帯無線LAN フロントエンド用途
パッケージ情報
製品名 パッケージ
外形図
ピン数Material Declaration
(RoHS/Halogen)
めっき
組成
製品質量(mg)
(参考値)
リフロー
実装
フロー
実装
手はんだ
実装
包装
形態
MSLフットパターン
NJG1739K51 download
QFN12-51
12 - - - - - - - -
サンプル & 購入
製品名パッケージ名称ステータスパッケージ仕様サンプル
NJG1739K51 QFN12-51 (Active)
ページトップへ