ホーム > 製品 > 半導体 > 設計サポート > よくある質問(FAQ)

よくある質問(FAQ)

FAQ管理番号: 10074 最終更新日: 2016/02/18

ON/OFF機能付きレギュレータの制御端子には、抵抗を接続するべきでしょうか?

免責事項

シリーズレギュレータのコントロール端子(ON/OFF制御端子)に接続する抵抗は、自己消費電流の低減を目的としています。

*LDOにおいては、自己消費電流を無効電流と記述しています。

自己消費電流の低減が不要であれば、抵抗を接続する必要がありません。

抵抗を挿入される場合は、以下の点にご注意ください。

  • コントロール端子への流入電流と抵抗で電圧降下が発生します。
    コントロール端子に印加される電圧が、出力ON制御電圧を満足できるよう設定して下さい。
  • 最低ON制御電圧は周囲温度によって変動しますので、個別データシートの温度特性を
    ご確認の上、抵抗値を設定して下さい。
対象カテゴリー: シリーズレギュレータ 対象製品:  
問い合わせ