ホーム > 製品 > 半導体 > 設計サポート > よくある質問(FAQ)

よくある質問(FAQ)

FAQ管理番号: 10011 最終更新日: 2013/02/20

両電源オペアンプを単電源で使用することはできますか?

免責事項

条件つきで可能です。

単電源オペアンプは単電源時に0V付近の入出力信号を扱えることが特徴で、両電源オペアンプは両電源時に 0V を中心とした入出力信号を扱うよう設計されています。
電源の供給方法に差はありません。言い換えれば両電源オペアンプを単電源で使用した場合、V+/2を中心とした入出力電圧範囲になり、グランド付近の信号の入出力はできないということになります。

注1:コンパレータでNJM311,NJM319などグランド端子を持つものは「単電源で使用可」であっても、
同様には扱うことが出来ません。グランド端子の接続点をアプリケーションの仕様に合わせて変更してください。またNJM360は単電源動作ができません。

注2:スイッチ付きオペアンプはコントロール端子の使用方法を検討する必要があります。各製品のデーターシートを参照してください。

注3:OTA(Operational Transconductance Amp)でNJM13600,NJM13700は制御電流の流入方向に注意します。AMP BIAS INPUT端子からV-端子に向かって流入します。

対象カテゴリー: オペアンプ 対象製品:  
問い合わせ