アナログマスタースライスとは、トランジスタ、抵抗、コンデンサなどの素子を形成したウェハをあらかじめ準備しておき、お客様の用途にあった機能を実現するため、配線層のガラスマスクを変えることによって、お客様オリジナルのアナログ・セミカスタムIC/LSIを実現するサービスです。 共通の下地(=マスタースライス)を利用するため、低い開発コスト、短納期での開発が可能です。

  • ディスクリート回路をIC化したい。
  • 車載向けに少量生産のICを開発したい。
  • オペアンプ周辺のディスクリート部品を取り込みたい。
  • 短納期・低コストで開発したい。

このようなお客様の課題に応えることができます。
※ウェハを受託生産する、ファウンドリーサービス別ウィンドウ表示 も行っています。

主な特長
  • 40V耐圧バイポーラ・プロセス使用
  • レイアウト設計完了からES(エンジニアリング・サンプル)の納品まで、およそ4週間