小型・低消費電力デジタル電源制御用DSC

2011年12月22日

NJU20300シリーズサンプル配布開始のお知らせ

新日本無線株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役 小倉 良)では、スイッチング電源制御をデジタル方式で行なえる、小型・低消費電力のデジタル電源制御用デジタルシグナルコントローラー(以下DSC)NJU20300シリーズの開発を完了し、サンプル配布を可能としました。

【開発背景】

NJU20300,NJU20301

新日本無線はアナログ電源ICメーカーとして、長年に亘り数多くの卓越した電源ICを市場に提供して参りましたが、アナログ電源技術では成し得ない性能、機能を電子機器にもたらすデジタル電源技術に、国内半導体メーカーとしていち早く着目し製品開発を進めてきました。

新日本無線では、昨年、国内半導体メーカー初のデジタル電源制御用DSC、NJU20010/NJU20011(2010年7月20日発表)を市場投入しましたが、OA機器,通信基地局などの産業機器でも部品の小型化、更なる低消費電力設計を求められており、これらの要求に対応すべくNJU20300シリーズを開発しました。

【主な特長】

特長1:小型・低消費電力、高速スイッチング周波数に対応

NJU20300シリーズは、当社従来品に比べ約44%*1の低消費電力を実現(135mW@30MHz)するとともに、小型パッケージへの搭載により、実装面積で約75%*1の削減となります。

また小型・低消費化を図りながら制御高速性は、NJU20010/20011を継承し、実用化レベルで500KHz(理論上1MHz)の高速スイッチング周波数に対応します。そのためコイルやコンデンサなどの周辺部品についても小型部品を選択することができ、電子機器の小型化に貢献します。

*1 :NJU20301とNJU20010/20011の比較。
特長2:外付け部品の削減ができ回路設計を簡素化

NJU20300シリーズでは、D/Aコンバーター付コンパレーター,発振回路を内蔵し、また供給電圧を3.3V、1系統に集約*2することによって外付け部品の削減と回路設計を簡素化します。

*2 :当社従来品は、1.8V、3.3Vの2系統。
特長3:逐次比較(SAR)10bitADCや直交エンコーダー動作などの補助機能でモーター制御が容易

NJU20300シリーズは、逐次比較A/Dコンバーター(以下、ADC)または差動ADCの両方を使用できます。逐次比較ADCは、2つのサンプルホールド回路を持ち、汎用タイマーモジュールで直交エンコーダーインターフェース(QEI*3)動作設定ができモーター制御が容易となります。

*3 :Quadrature Encoder Interface.

【製品機能/特長】

【アプリケーション】

【生産予定/サンプル価格】

製品名 サンプル配布 生産予定 サンプル価格
NJU20300 2012年2月より開始予定 2012年6月、3万個/月より ¥400/個
NJU20301 2012年1月より開始予定 2012年4月、3万個/月より ¥400/個

【デジタル電源製品WEBサイト】

【本件に関するお問い合わせ先】

製品のご用命、技術的お問い合わせ 半導体販売事業部 市場開拓部 第一開拓課
TEL:03-5642-8293  FAX:03-5642-8227
プレスリリース、取材お問い合わせ 半導体販売事業部 市場開拓部 広告企画課
TEL:049-278-1497  FAX:049-278-2636  e-mail:semicon@njr.co.jp
専用サイトはこちら
デジタル電源制御用DSC
NJU20300
NJU20301

ページトップへ