多機能と高耐圧により三相DCブラシレスモータ搭載機器の多様化に対応

2010年3月19日

三相DCブラシレスモータコントロールIC NJW4303のサンプル配布開始

新日本無線(本社:東京都中央区 代表取締役社長:平田一雄)では、三相DCブラシレスモータを搭載したファン、ブロア、ポンプ、その他家電/OA機器などに最適な三相DCブラシレスモータコントロールIC NJW4303の開発を完了し、サンプル配布を可能としました。

【開発背景】

従来の家電/OA機器や産業機器などでは、主に制御が容易なブラシ付きDCモータを搭載していましたが、ブラシの磨耗などによる製品寿命/信頼性などに課題があり、各種用途において三相DCブラシレスモータ化が進んでいます。また、既存の三相DCブラシレスモーターを用いたファンモータなどもハイパワー化、自動車や産業機器などへの多様化も進んでおり、様々な用途に使用可能なモータコントローラの開発は大きな市場要求となっています。

新日本無線では、この様な要求に応えるために三相DCブラシレスモータコントロールIC NJW4303を開発しました。

【製品概要】

NJW4303

NJW4303は、下アーム用パワーMOSFET (Nch)をプリドライブするためのトーテムポール出力回路、上アーム用パワーMOSFET (Pch)のオープンドレイン回路、PWM制御用発振回路などで構成された汎用性の高い三相DCブラシレスモータコントロールICです。

特徴1:多機能化により様々な用途に対応可能
ソフトスタート機能、ON/OFF機能、ブレーキ機能、ロック保護機能など多くの機能を搭載することで、家電/OA機器だけでなく、自動車や産業機器など様々な用途での使用が可能です。
特徴2:高耐圧化(40V)により用途の拡大を実現
40Vの高耐圧により、24V駆動のモータや車載アクセサリなど電圧マージンを必要とする用途での使用を可能としました。
特徴3:低消費電流化により発熱低減を実現
BCDプロセス*1を採用することによりロジック部の低消費電流を実現しました。これによりIC本体の発熱を抑制し温度への要求が高いアプリケーションへの搭載を可能とします。
用語解説
*1 :BCD(bipolar,CMOS,double diffused MOS)プロセス
バイポーラ素子とCMOSそしてオン抵抗が低いDMOSパワー素子を組み合わせた技術

【アプリケーション】

【製品機能】

【生産予定/参考価格】

詳細なスペックはこちら
NJW4303

ページトップへ