小型・薄型パッケージラインアップ拡充で、携帯電話機カメラモジュールの小型化に貢献

2010年2月10日

COBPフォトリフレクタ NJL5901R-2/ NJL5902R-2のサンプル配布開始

新日本無線(本社:東京都中央区 代表取締役社長:平田一雄)では、携帯電話機のオートフォーカスカメラモジュールに最適な、COBP(Chip On Board Package) フォトリフレクタ*1NJL5901R-2/NJL5902R-2の開発を完了しサンプル配布を可能としました。

【開発背景】

携帯電話機向けのオートフォーカス(以降AF)カメラモジュールは、レンズと撮像素子、モータ、レンズ位置検出用光センサ(フォトリフレクタ)などの周辺部品によって構成されていますが、携帯電話機の薄型化の要求により、更なる小型・低背化が求められています。 特に低背化によってレンズと撮像素子間の焦点距離を確保するため、レンズ口径を大きくする必要がありますが、携帯電話機向けとして、カメラモジュール全体の外形サイズには制約があるため、使われる周辺部品にさらなる小型化が求められています。

新日本無線は、このような要求を満たすため、従来製品よりさらに小型化を実現した、COBPフォトリフレクタNJL5901R-2/NJL5902R-2を開発いたしました。

【製品概要】

NJL5901R-2 / NJL5902R-2

NJL5901R-2/NJL5902R-2は、高出力の赤外LEDと高感度Siフォトトランジスタを組み合わせた表面実装小型・薄型フォトリフレクタです。

特徴1:表面実装小型パッケージ搭載により、AFカメラモジュールの小型化に貢献
当社従来製品(NJL5901AR-1/NJL5902R-1)に比べ小型のパッケージ(NJL5901R-2:1.4×1.0×0.6mm/NJL5902R-2:1.7×1.2×0.6mm)に搭載することにより、実装時の面積をそれぞれNJL5901R-2で約33%、NJL5902R-2で約36%削減でき、AFカメラモジュール小型化に貢献します。

「従来製品パッケージサーズ」
NJL5901AR-1:1.3×1.6×0.6mm / NJL5902R-1 :1.6×2.0×0.6mm
特徴2:低動作暗電流により、高S/N比を確保 (NJL5902R-2)
NJL5902R-2は、動作暗電流*2が0.5µA max.と低く、高いS/N比が要求される用途に最適です。
特徴3:ハロゲンフリー対応 /鉛フリーリフロー半田付けが可能。
ハロゲンフリー対応パッケージに搭載し、鉛フリーリフロー半田付け(260℃、2回)を可能とし、実装性と環境に配慮しています。
用語解説
*1  フォトリフレクタ
LEDとフォトトランジスタをひとつのパッケージに搭載した反射型センサのことです。
LEDから出た光は反射物に当りその反射した光をフォトトランジスタで検出します。
反射した光の量によってフォトトランジスタから出力される電流値が増減し、反射物の有無や移動量の検出が可能になります。
*2  動作暗電流
検出物が無い時に、フォトトランジスタに流れる微弱電流

NJL5901R-2/NJL5902R-2

【アプリケーション】

【製品機能】

【生産予定/参考価格】

詳細なスペックはこちら
NJL5901R-2
NJL5902R-2

ページトップへ