より多くのオーディオファンに心に響く真実の音を提供

2010年3月1日

MUSESシリーズ ロゴ
MUSESシリーズのマスプロダクションモデル
オーディオ機器向け2回路入り高音質オペアンプMUSES8820の量産開始


新日本無線(本社:東京都中央区 代表取締役社長:平田一雄)では、オーディオ機器向け2回路入り高音質オペアンプ、MUSES8820の量産を開始しました。

【開発背景】

昨年、新日本無線では、MUSESシリーズ*1のフラグシップモデルであるMUSES01/02の販売を開始し、高級オーディオ機器メーカから自作オーディオファンまで広くご好評を頂きました。今回、さらに多くのオーディオ機器へ搭載され、より多くのオーディオファンに“真実の音”を提供することを目的としたMUSESシリーズのマスプロダクションモデル、MUSES8820を開発しました。

MUSES8820は、MUSES01/02の開発コンセプトを踏襲しながら、面実装パッケージへの搭載を実現し、さらに生産能力向上とコスト低減を実現した製品です。

【製品概要】

MUSES8820

MUSES8820は、MUSES01/02で求めた高音質を踏襲しながら、チップ及びフレーム材料の最適化を図ったバイポーラ入力タイプの2回路入りオペアンプです。また、従来のDIPパッケージ(リード挿入型)に加え、オーディオ機器メーカでの量産性向上及び環境負荷軽減を考慮した、鉛フリー/ハロゲンフリー対応の表面実装タイプパッケージ(EMP8)が採用されています。*2

MUSES8820は、ホールで体験した"生のオーケストラの感動"やライブハウスで感じた"演奏者の息づかい"など"真実の音"を再現する、高級オーディオ機器の量産モデルに最適です。

用語解説
*1 :MUSESシリーズ
MUSESシリーズは、「音の質感を高める」・「空間の再現性を高める」など音質にこだわり、材料/回路技術/チップレイアウトなど、新日本無線のオーディオIC技術を結集した高音質オペアンプシリーズです。
*2 :鉛フリー/ハロゲンフリー対応の表面実装タイプパッケージ(EMP8)
「MUSESシリーズ」としては初採用

【アプリケーション】

【製品機能】

【生産予定/参考価格】

MUSES
専用サイトはこちら
MUSES8820

ページトップへ