8系統の画像入力に対応、カーナビなどの高画質化と搭載基板の省スペース化に貢献

2009年8月31日

アイソレーションアンプ/ビデオアンプ(47µF出力コンデンサ対応)内蔵 8入力2出力ビデオスイッチ,NJW1341のサンプル配布開始

新日本無線では、カーナビ/セキュリティシステムなどの多入力の対応を可能にする、アイソレーションアンプ/ビデオアンプ(47µF出力コンデンサ対応)内蔵8入力2出力ビデオスイッチ NJW1341のサンプル配布を可能としました。

【開発背景】

車載用カメラやDVD・携帯型デジタルオーディオプレイヤーなどの外部入力機器の充実にともないカーナビのビデオ入力は増加傾向にあり、近年のカーナビでは多入力のビデオスイッチが求められています。NJW1341は、カーナビでの多入力化を実現し、さらに本体と外部入力機器間で発生する同相ノイズ除去を目的として開発されたアイソレーションアンプ/ビデオアンプ内蔵のビデオスイッチです。

【製品特徴】

NJW1341は、8入力2出力ビデオスイッチ、アイソレーションアンプ(2系統)、47µF出力コンデンサ対応ビデオアンプ(1系統)で構成されています。8入力とすることで搭載機器の入力数の増加に対応、またアイソレーションアンプにより高画質の提供、コンデンサの小型化により搭載機器の省スペース化など、カーナビに最適なビデオスイッチです。

1.多入力に対応することで、搭載機器の入力の増加にも対応
入力を8系統にすることにより、近年の車載カメラなどの入力数増加に対応可能です。また出力は2系統とし自動車においてはフロントモニターとリアモニターへの出力が可能です。
2.アイソレーションアンプにてノイズを低減し、高画質を提供
ノイズ除去用アイソレーションアンプを入力2系統に搭載し、映像の高画質化に貢献します。
3.出力コンデンサの小型化により、セットの省スペース化に貢献
コンデンサレス ビデオアンプでは、出力端子でのショート時の破壊、接続機器の不適応性での破壊、コンデンサレス実現のために組み込まれたチャージポンプ回路から発生するノイズなどの課題があります。そのため信頼性重視の機器メーカーでは、信頼性は高いがスペース的に不利である従来の大容量コンデンサ(470µF~1000µF)対応ビデオアンプを使用しているのが現状です。NJW1341は、ASC(Advanced SAG Correction)技術により、出力コンデンサとしては極めて小容量である47µFコンデンサに対応し搭載機器の省スペース化に貢献します。
4.その他
I2C BUSインターフェイス

【開発製品一覧】

製品名 NJW1341
機 能 アイソレーションアンプ/ビデオアンプ(47µF出力コンデンサ対応)内蔵 8入力2出力ビデオスイッチ
応 用 カーナビゲーションシステム、セキュリティシステム
外 形 SSOP20-C3
NJW1341VC3

【製品機能】

【ブロック図】

NJW1341 block diagram

【生産予定/サンプル価格】

詳細なスペックはこちら
NJW1341

ページトップへ