漢字ROM内蔵によりCPUの負荷軽減に貢献し、96COM×256SEG表示能力により高精細化を実現

2009年7月2日

16桁6行 漢字ROM内蔵ドットマトリクスLCDコントローラドライバ NJU6645のサンプル配布開始

新日本無線では、ビジネスホン、ホームオーディオなどの液晶ディスプレイ(以降LCD)制御用CPUの負担軽減、高精細化などに貢献するLCDコントローラドライバ、NJU6645の開発を完了しサンプル配布を可能としました。

【開発背景】

近年、ビジネスホン、ホームオーディオ機器では、機器の高機能化にともないLCD表示の情報量増加や、高精細化が求められており、視覚的機能向上は重要な市場要求となっています。NJU6645は、この様な要求に応えるために開発されたLCDコントローラドライバです。

【製品特徴】

NJU6645は、コモンドライバ/セグメントドライバ、漢字フォントROM、各種RAM(DDRAM、CGRAM、MKRAM)昇圧回路、リセット回路、発振回路で構成されています。従来外付けであった漢字ROMを内蔵する事により、LCD制御CPUの負荷軽減に貢献し、さらに96COM×256SEG(16桁6行(16×16ドット/文字))の表示能力により高精細化を実現したLCDコントローラドライバです。CPU負担軽減と高精細化を実現したNJU6645は、ビジネスホン,ホームオーディオ機器に最適な製品です。

NJU6645特徴

●漢字ROM(JIS第一/第二水準、JIS非漢字、半角文字)内蔵により
CPU負荷軽減
従来、外付け部品である漢字ROMを内蔵する事で、CPU・漢字ROM間のデータ送信を不要とし、CPU・NJU6645間の簡易的な漢字コードの入力による漢字表示を実現しました。これによりCPUの負荷が軽減され、安価なCPUでの制御を可能とします。また、外部漢字ROMとの配線を無くす事で、外来ノイズによる誤表示の可能性を低減します。
●96COMx256SEG(16桁6行(16x16ドット/文字)の表示能力により
高精細化を実現
16×16ドットサイズのキャラクタが表示可能で、従来主流だった12×12ドットサイズに対し高精細表示を実現しました。また、96×256ドットのグラフィック表示に対応する事でキャラクタ(16桁6行)とグラフィックの混在表示を可能とし、様々なLCD表示を実現します。

【その他】

  • 表示デューティ:1/18、1/34、1/50、1/66、1/82、1/98デューティ選択可
  • 電源電圧:2.4V~3.6V

【開発製品一覧】

製品名 NJU6645
機 能 16桁6行 漢字ROM内蔵ドットマトリクスLCDコントローラドライバ
応 用 ビジネスホン向け、ホームオーディオ向け
外 形 バンプチップ

【製品機能】

  • 96COM×256SEG+2アイコン用COM 「16桁6行 (16×16ドット/文字)」
  • 内蔵漢字ROM JIS第一/第二水準、JIS非漢字、半角文字搭載

【生産予定/サンプル価格】

  • サンプル配布:2009年6月より開始済
  • 生産:2009年8月より月産1万個で立ち上げる予定
  • サンプル価格:@¥650(バンプチップ)
詳細なスペックはこちら
NJU6645

ページトップへ