部品点数削減と小型パッケージ搭載で、設計負担軽減と省スペース化に貢献

2009年7月2日

4COMx50SEG(最大200セグメント)LCDコントローラドライバ NJU6434のサンプル配布開始

新日本無線では、一眼レフ DSC(デジタルスチルカメラ)、ホームオーディオなどのLCD制御基板の部品点数削減などに貢献するLCDコントローラドライバ、NJU6434の開発を完了しサンプル配布を可能としました。

【開発背景】

NJU6434 現状回路構成

近年、一眼レフDSC、ホームオーディオ機器の低電圧化(5V→3V)が進んでおり、それにともない従来のLCDドライバでLCDを駆動させるにはレベルシフタなどの追加部品が必要となる場合があります。(右図参照)

その結果、部品点数増加による基板面積増・コスト高などの問題があり、搭載基板の面積が小さい一眼レフDSCなどにおいて、省スペース化やコスト削減は重要な市場要求となっています。NJU6434は、この様な要求に応えるために開発されたLCDドライバです。

【製品特徴】

NJU6434は、コモンドライバ/セグメントドライバ、ラッチ回路、シフトレジスタ、パワーオンリセット回路、発振回路で構成されており、従来LCD駆動に必要とされたレベルシフタなどの追加部品不要とし、さらに小型パッケージに搭載する事で搭載基板の小型化とコスト削減を可能とするLCDドライバです。部品点数削減と小型パッケージに搭載されたNJU6434は、一眼レフDSC、ホームオーディオ機器に最適な製品です。

1.LCD駆動回路設計の負担軽減
搭載機器の低電圧化が進み、従来製品ではVLCDの規定電圧確保のために、レベルシフタなどの追加部品が必要となる場合がありましたが、NJU6434ではプロセスの見直しなどにより追加部品の削減を実現しました。これにより、回路設計の負担軽減、さらに搭載基板の省スペース化およびコストの削減に貢献します。
2.小型パッケージ:QFN64-S4(ボディサイズ 8.2mm角)に搭載し省スペース化に貢献
弊社従来品(NJU6433B)のパッケージサイズは、10.0×10.0×1.4mm (QFP64-H2)でしたが、NJU6434では、8.2×8.2×0.95mm(QFN64-S4)のパッケージに搭載する事により、面積比32%の削減を実現しました。

【その他】

【開発製品一覧】

製品名 NJU6434
機 能 4COM × 50SEG (最大200セグメント)LCDコントローラドライバ
応 用 一眼レフ DSC(デジタルスチルカメラ)向け/ホームオーディオ向け
外 形 LQFP64-H2QFN64-S4、ベアチップ
NJU6434FH2,NJU6434KS4

【製品機能】

【生産予定/サンプル価格】

詳細なスペックはこちら
NJU6434

ページトップへ