アイソレーションアンプ,ビデオドライバ,切り替えスイッチを1チップ化、ホームシアター機器の省スペース化に貢献

2009年4月27日

アイソレーションアンプ内蔵 SD/HD対応 4chビデオドライバNJM2525のサンプル配布開始

新日本無線では、ホームシアター機器などに最適な、アイソレーションアンプ内蔵SD/HD対応4chビデオドライバNJM2525の開発を完了し、サンプル配布を可能としました。

【開発背景】

従来のホームシアター機器やDVDコンポではSD画像が主流でしたが、ブルーレイディスクの普及によりデジタル信号のほかに、アナログ信号でも高画質のHD画像対応ビデオドライバの需要が高くなっています。また、近年のホームシアター機器やDVDコンポでは、コストダウン・省スペース化の取り組みからS端子の廃止が進んでいますが、市場では、6ch(D端子/3ch・S端子/2ch・コンポジット端子/1ch)のアナログビデオドライバが主流であり、6chの4ch分だけを使っているのが現状です。NJM2525は、この様な背景から開発されたホームシアター向けSD/HD対応4chビデオドライバICです。

【製品特徴】

NJM2525は、アイソレーションアンプ・入力切替スイッチ・ビデオドライバ(6dBアンプ・SD対応75Ωドライバ)・HD対応75Ωドライバ3ch・Y/C Mix回路・パワーセーブ機能・LPF切替スイッチで構成されています。

ビデオドライバは、S端子の廃止にともないD端子(3ch)とコンポジット端子(1ch)の計4chを搭載、また、入力切替スイッチとアイソレーションアンプを内蔵することで、ポータブルAV機器などのノイズの少ない外部入力が容易に実現できます。さらに、NJM2525は、4chビデオドライバと入力切替スイッチを1チップ化する事で搭載基板の省スペース化に貢献します。

HD対応4chビデオドライバ、入力切替スイッチ、アイソレーションアンプを1チップ化したNJM2525は、ホームシアターやDVDコンポに最適です。

NJM2525の主な特徴
  1. ホームシアターに最適な映像回路の1チップ化により省スペース化に貢献。
  2. ポ-タブルAVなどの外部入力機器のノイズを低減するアイソレーションアンプにより高画質確保。
  3. アナログHD信号に対応することにより高画質の提供。

などの特徴を有しています。

【開発製品一覧】

製品名 機  能 応  用 外 形
NJM2525 アイソレーションアンプ付き
SD/HD対応4chビデオドライバ
ホームシアター、DVDコンポ SSOP32
NJM2525V

【製品機能】

【ブロック図】

クリックで拡大表示
NJM2525ブロック図

【生産予定/サンプル価格】

ページトップへ