映像信号の差動伝送を容易に実現し、ノイズの少ない画像を実現

2009年3月23日

映像信号用差動伝送ドライバ/レシーバICのサンプル配布開始

新日本無線では、車載カメラ・監視カメラなど、映像送/受信機器の信号伝送に最適な差動伝送ドライバ/レシーバIC NJM2504/07の開発を完了し、サンプル配布を可能としました。

近年、安全意識や防犯意識が高まるなか、車載カメラ・監視カメラの需要は高まりつつありますが、車載カメラ・監視カメラ機器などのカメラ/モニタ間は、長いケーブルを使用する場合が多いため、外来ノイズによる画像の乱れが問題となっています。NJM2504/07は、この様なカメラ/モニタ間で外来ノイズの影響を受けにくい差動伝送化を実現するドライバ/レシーバICです。

NJM2504/07は、6dBアンプ・75Ωドライバ・サグ補正回路で構成されており、アナログビデオ信号(特にコンポジット信号)の差動伝送を可能にします。NJM2504を差動信号出力、NJM2507を差動信号入力として回路構成する事で、外来ノイズの影響を受けにくい差動伝送回路を容易に実現します。さらに、差動入力の際に同相ノイズを除去するため、ノイズの少ない映像信号伝送を可能としました。

また、NJM2504/07は、低消費電流【NJM2504:16mA、NJM2507:10mA】105℃の特性保証対応が可能です。映像信号伝送において、外来ノイズの影響を受けにくい差動伝送を容易に実現し、低消費電流や105℃の特性保証対応可能などの特徴を持つNJM2504/07は、車載カメラ・監視カメラなどの映像信号伝送に最適です。

NJM2504/07の主な特徴
  1. 容易にビデオ信号の差動伝送が可能。
  2. 低消費電流【NJM2504:16mA、NJM2507:10mA】。
  3. 105℃の特性保証対応可能。

などの特徴を有しています。

<開発製品一覧>
製品名 機  能 応  用 外 形
NJM2504 映像信号用差動ドライバ 車載カメラ、監視カメラ TVSP8
NJM2507 映像信号用差動レシーバ
NJM2504/07
<製品の機能および特徴の概要> <システム例>
NJM2504/07差動システム図
<ブロック図>
NJM2504ブロック図

NJM2507ブロック図
<生産予定/サンプル価格>

新日本無線では、NJM2504/2507のサンプル配布を2009年3月より開始し、生産は7月よりNJM2504/07合計月産30万個で立ち上げる予定です。なお、サンプル価格はNJM2504/07共@¥100です。

詳細なスペックはこちら
NJM2504
NJM2507

ページトップへ