高線形性と低挿入損失/小型化の両立を実現し、WiMAXに最適

2009年7月17日

WiMAX用SPDTスイッチ NJG1669MD7/NJG1660HA8のサンプル配布開始

新日本無線では、WiMAX CPE *1や、モバイルWiMAXで使われている送受信切り替えに最適なSPDT *2スイッチIC NJG1669MD7/NJG1660HA8の開発を完了し、サンプル配布を可能としました。

【開発背景】

近年、普及が進む大容量無線通信方式であるWiMAXでは、周波数利用効率に優れたOFDM変調通信方式*3が採用されています。OFDM変調通信方式では、使用状況により平均電力に対し入力信号のピーク電力が高くなるため、搭載されるアンテナスイッチにはピーク電力時での歪を防ぐための高い線形特性が求められています。

NJG1669MD7(WiMAX CPE用)/NJG1660HA8(モバイルWiMAX用)は、この様な要求に応えるために開発されたアンテナスイッチICです。

【製品特徴】

NJG1669MD7/NJG1660HA8は、WiMAXの広帯域(2.3~5.8GHz)をカバーし、高線形性と両立が困難とされる低挿入損失、または小型化を実現し、WiMAX CPE/モバイルWiMAXの大容量無線通信機器に最適なアンテナスイッチです。

●NJG1669MD7(WiMAX CPE用)
■高線形性と低挿入損失の両立でトップレベルの特性を実現
回路構成の最適化により、高線形性(P-0.1dB:37dBm typ. @f=2.5GHz , / @f=3.5GHz,)を実現、歪の少ない送受信切り替えを可能とし、さらに低挿入損失(0.35dB typ. @f=2.5GHz,/0.40dB typ. @f=3.5GHz,)との両立を実現しました。NJG1669MD7は、高線形性と低挿入損失の両立により、WiMAX CPEのアンテナスイッチとして業界トップレベルの特性を実現しました。
●NJG1660HA8(モバイルWiMAX用)
■高線形性と小型化を両立、搭載機器の省スペース化に貢献
回路構成の最適化により、高線形性(P-0.1dB:30dBm min.@f=2.5GHz,/ @f=3.5GHz,)を実現、また高線形性との両立は困難とされている小型化も実現し、モバイルWiMAX用としては業界最小レベルのパッケージ( 1.0×1.2×0.38mm typ.)に搭載、これにより搭載機器の省スペース化に貢献します。
■高周波帯域での高アイソレーションを実現
設計回路の最適化により、WiMAXの高周波数帯域(2.3~5.8GHz)においても高アイソレーション(絶縁)特性(NJG1669MD7:29dB typ. @f=3.5GHz,) / (NJG1660HA8:33dB typ. @f=2.5GHz,)を実現しました。

【その他】

用語解説
*1 WiMAX:Worldwide Interoperability for Microwave Access CPE:Customer Premises. Equipment:加入者宅内機器
*2 SPDT:Single pole, dual throw
*3 OFDM:Orthogonal frequency division multiplex

【開発製品一覧】

製品名 NJG1669MD7 NJG1660HA8
機 能 2ビットコントロール大電力SPDTスイッチ
応 用 WiMAX(CPE) モバイルWiMAX
外 形 EQFN14-D7 USB6-A8
NJG1669MD7 NJG1660HA8

【製品機能】

【生産予定/サンプル価格】

詳細なスペックはこちら
NJG1669MD7
NJG1660HA8

ページトップへ