心に響く真実の音を追求した高音質オペアンプ

2009年5月20日

MUSESシリーズ ロゴ
ハイエンドオーディオ機器向け2回路入り高音質オペアンプ MUSESシリーズ MUSES01(NJM5720)の量産開始


新日本無線では、ハイエンドオーディオ機器向け2回路入りJ-FET入力高音質オペアンプ「MUSESシリーズ」の量産を開始しました。

新日本無線では、「音の質感を高める」・「空間の再現性を高める」など音質にこだわり、回路技術/チップレイアウト、そして、フレーム材質と、新日本無線のオーディオIC技術を結集したオペアンプを開発しました。「MUSESシリーズ」は、従来音質向上を実現する際の障壁になっていた材料、チップサイズ、生産性などを意識せず音質を追求し開発したオペアンプです。

「MUSESシリーズ」NJM5720(MUSES01)は、
  1. 音質に大きな影響を与えるリードフレームに、世界で初めて*1高純度の無酸素銅を採用。*1:当社調べ 2009年5月現在
  2. 左右(L/R)のチャンネル間クロストークの徹底低減。
  3. 数値には表れない心に響く良質な音を追求。
MUSES

"NJM5720"は、2009年12月8日より、"MUSES01"に変更いたしました。なお、製品自体に変更はありません。

【開発製品一覧】

製品名 機  能 応  用 外 形
NJM5720 (MUSES01) 2回路入り
J-FET入力高音質オペアンプ
高級オーディオ機器
プロ用オーディオ機器
DIP8
NJM5720(MUSES01)

【製品機能】

【生産予定/サンプル価格】

専用サイトはこちら
MUSES01

ページトップへ