相互会話機器に必要な機能を1チップ化し、さらに明瞭な会話を実現

2008年3月17日

ドアホン用ボイススイッチ NJW1124のサンプル配布開始

新日本無線では、ドアホン/インターホン、通話機能付き給湯器リモコン、会議システムなど、相互会話機器に最適なボイススイッチ NJW1124のサンプル配布を可能としました。

NJW1124は、入力音声に応じて機能するハンズフリー ボイススイッチで、相互会話に必要な受話アンプ、ラインアンプ、マイクアンプ、送/受話アッテネータ、レベル検出器、ノイズ検出回路(バックグラウンドノイズモニタ)で構成されています。

スピーカとマイクが近距離に配置されている相互会話機器では、スピーカからマイクロホンへの音の回り込み(音響結合)によるハウリングやエコーが発生するため、話し始めた側の入力信号の大きさを検出し優先側を判断、送話側の音量を大きく、受話側の音量を小さくすることで音響結合を抑えハウリングを防止します。さらにノイズ検出回路により周囲の雑音を検出し減衰させる事で、明瞭な会話を可能としました。

NJW1124は、従来ではディスクリートで構成されていた、プレストーク(強制送/受話)機能やモード監視モニタ機能を内蔵し、さらにSSOP32パッケージ(5.6×11.0×1.15mm)に搭載することで機器の小型化に貢献します。また、従来のボイススイッチでは電解コンデンサが必要でしたが、NJW1124は内部回路の見直しを図り、セラミックコンデンサに対応することで、機器の信頼性の向上/低コスト/長寿命化を可能としました。

NJW1124は
  1. ハンズフリー機器に必要な機能を1チップ化。
  2. すべての外付けコンデンサをセラミックコンデンサで構成可能。
  3. 話したい時に会話可能なプレストーク(強制送/受話)機能内蔵。
  4. 自分が話している事を認識できるモード監視端子内蔵。

などの特徴を有しています。

<開発製品一覧>
製品名 機  能 応  用 外 形
NJW1124 ドアホン用ボイススイッチ
  • ドアホン
  • インターホン
  • 給湯器リモコン
SSOP32
NJW1124
<製品の機能および特徴の概要> <ブロック図>
クリックで拡大表示
NJW1124ブロック図
<生産予定/サンプル価格>

新日本無線では、NJW1124のサンプル配布を2008年3月より開始し、生産は5月より月産5万個で立ち上げる予定です。なお、サンプル価格は@¥300です。

詳細なスペックはこちら
NJW1124

ページトップへ