小型オーディオ機器で、より豊かな空間表現を実現

2008年4月21日

2チャンネルスピーカシステム用 eala Stereo Expander付 デジタルシグナルプロセッサIC NJU26040-16Aのサンプル配布開始

新日本無線では、ドッキングスピーカ・ラジカセ・ミニコンポなどのオーディオ機器でステレオ音像や立体音場再現(以降サラウンド)に最適な、2チャンネルスピーカシステム用eala Stereo Expander付きデジタルシグナルプロセッサIC NJU26040-16Aの開発を完了し、サンプル配布を可能としました。

近年、ポータブルオーディオ機器の急速な普及により、家庭ではドッキングスピーカで音楽を鑑賞する需要が拡大しています。しかし小型化が進むドッキングスピーカは省スペース化やデザインの制約からスピ-カ間隔が狭いため、十分なステレオ感やサラウンド効果を得ることが難しく、そのためドッキングスピーカでの高品質ステレオ/サラウンド効果の再現は大きな市場要求となっています。NJU26040-16Aは、このような要求に応えて開発された2チャンネルスピーカシステム用デジタルシグナルプロセッサICです。

NJU26040-16Aは、入力3ポート*1/出力2ポートで、AGC(Limiterとの選択式)、eala Stereo Expander(ealaサラウンドとの選択式)、5band EQ、Dynamic Bass Boost、Master Volumeで構成され、当社オリジナルのeala Stereo Expanderにより、スピーカ狭間隔の機器で聴感上5倍以上のステレオ音像感を得られ*2より豊かな空間表現を可能にしました。また、eala(3Dサラウンド)も搭載しており、臨場感溢れる高品質の立体音場も再現します。

NJU26040-16Aは、プログラム用メモリにOTP Memory (One-time programmable:1回書き込み可能な不揮発メモリ)を採用することで、ファームウエア書き込みでの生産対応により小ロットでの受注対応が可能です。スピーカ配置の制約を回避し、機器のデザインとステレオでの空間表現、サラウンドの臨場感を両立させることができるNJU26040-16Aは小型オーディオ機器に最適です。

NJU26040-16Aは
  1. eala Stereo Expander(当社オリジナル)により、ポータブルオーディオなどで使用される狭いスピーカ間隔のドッキングスピーカで音像を定位し、かつ仮想的にスピーカ間隔を補正可能。
  2. eala(当社オリジナル)により、センター定位を重視した自然な立体音場を再現可能。
  3. Dynamic Bass Boost(当社オリジナル)は左右独立音響処理としており、eala Stereo Expanderに適した良好な低域セパレーションを得ることが可能。
  4. 5band EQ機能を有し、Band1-3はHPF/PEQを、Band4-5はHPF/PEQ/Bass/Trebleを各々選択可能。
などの特徴を有し小型オーディオ機器に最適です。
用語解説
*1 : 入力ステレオ3系統を備えていますが、ステレオ3系統ミキサーとなります。ただし、各入力のボリュームを下げることによりセレクタの代用が可能です
*2 : 感じられる音像には個人差があります
<開発製品一覧>
製品名 機  能 応  用 外 形
NJU26040-16A 2チャンネルスピーカシステム用
デジタルシグナルプロセッサ
ドッキングスピーカー
ラジカセ / ミニコンポ / TV
SSOP32
NJU26040-16A
<製品の機能および特徴の概要> <ブロック図>
クリックで拡大表示
NJU26040ブロック図
<生産予定/サンプル価格>

新日本無線では、NJU26040-16Aのサンプル配布を2008年4月より開始し、生産は5月より月産3万個で立ち上げる予定です。なお、サンプル価格は@¥1,000です。

詳細なスペックはこちら
NJU26040-16A

ページトップへ