0.8Vの低出力電圧ながら出力精度±1.0%を実現、安定した電源供給が可能

2008年10月31日

Io=150mA 低出力電圧シリーズレギュレータ NJM2847のサンプル配布開始

新日本無線では、携帯電話/DSC/DVCなどの、低出力電圧動作を必要とするデジタルアプリケーションの制御用マイコンに最適な低出力電圧シリーズレギュレータNJM2847の開発を完了し、サンプル配布を可能としました。

近年、携帯電話/DSC/DVCなどのデジタルアプリケーションの制御用マイコンに要求される動作電圧は低電圧化が進んでおり、さらに機器の高性能化や高効率化に伴い、電源ICの高精度と更なる高効率が求められています。NJM2847は、この様な市場要求に応えるために開発された、低出力電圧シリーズレギュレータICです。

NJM2847は、基準電圧源、エラーアンプ、出力デバイス、過電流保護回路、サーマルシャットダウン回路内蔵、ON/OFF制御回路で構成されており、従来品の回路構成の見直し、最適化をおこなうことで、出力電圧範囲が0.8V~1.4Vでありながら、高精度出力電圧(Vo±1.0%)を実現、さらに高リップル除去比(85dB typ.)、ローノイズ(Vno=20µVrms typ.)も実現しています。

NJM2847は、電源の重要な仕様のひとつであるロードレギュレーション*1が、0.002%/mAと小さく、負荷電流が流れた場合の出力電圧変動を抑えた高精度出力を実現します。また、2.2µFセラミックコンデンサ対応とすることで、実装基板の省スペース化が可能です。低出力電圧でありながら、極めて高い出力精度±1.0%、高リップル除去比85dBを実現したNJM2847は、従来品に比べ、負荷過渡応答・ロードレギュレーション*1の特性も向上し、より安定した電源供給を可能とします。

NJM2847は
  1. 0.8Vまで対応した出力精度(±1.0%)の高い低出力電圧を出力可能。
    (従来品:1.5V以上  出力精度±1.0%)
  2. 過渡応答特性が良い。
  3. 高負荷安定度(ロードレギュレーション*1:0.002%/mA)。
などの特徴を有しています。
用語解説
*1 :ロードレギュレーション :負荷が接続されたときの電圧の変動比率
<開発製品一覧>
製品名 機  能 応  用 外 形
NJM2847 低出力電圧
シリーズレギュレータ
  • 携帯電話
  • DSC(デジタルスチルカメラ)
  • DVC(デジタルビデオカメラ)
    などのポータブル機器
SC88A
NJM2847
<製品の機能および特徴の概要> <生産予定/サンプル価格>

新日本無線では、NJM2847のサンプル配布を2008年10月より開始し、生産は11月より月産50万個で立ち上げる予定です。なお、サンプル価格は@¥50です。

詳細なスペックはこちら
NJM2847

ページトップへ