オフセット電圧VIO=60µV と 温度ドリフトΔVIO/ΔT=0.9µV/°Cの高精度で計測機器の信号処理に最適

2008年5月22日

1回路入り高精度オペアンプ NJM2729のサンプル配布開始

新日本無線は、温度計/温度調節器/重量測定器/ATE(Automatic Test Equipment)などの計測機器・試験装置に最適な1回路入り高精度オペアンプNJM2729のサンプル配布を可能としました。

国内において、計測機器/試験装置に搭載される高精度オペアンプの国内メーカー品の参入は少なく、外資系半導体メーカーの製品が多く採用されているのが現状です。NJM2729はこのような背景のもと、新日本無線が高精度オペアンプ市場へ参入するために開発した1回路入り高精度オペアンプです。

NJM2729は、回路、レイアウト、組み立て技術、試験方法を最適化することにより、低入力オフセット電圧 VIO=60µV max. (Ta=25°C)と、低温度ドリフトΔVIO/ΔT=0.9µV/°C max. (Ta=-40~+85°C)を実現、さらに高同相信号除去比 CMR=130dB(min.)、低雑音 en= 8nV/√Hz(typ.) @f=100Hz、高電圧利得 Av=130dB(min.)も実現しております。

入力オフセット電圧、温度ドリフトなどの電気的特性(DC)は、全数温度試験を実施、-40°C~85°Cの温度範囲での特性を保証しており、またフロー実装も可能とするなど、周囲温度変化に対する安定性を要求される機器にて、高利得回路を構成して微小信号を処理する用途に最適なオペアンプです。

NJM2729は、全工程国内生産のため、技術サポート、デリバリーなどの面でもより充実した対応が可能です。

NJM2729は
  1. 入力オフセット電圧:VIO = 60µV max.
  2. 低温度ドリフト:ΔVIO/ΔT = 0.9µV/°C max.(Ta=-40°C~+85°C)
  3. 同相信号除去比:CMR = 130dB min.
  4. 雑音電圧:en= 8nV/√Hz typ. @f=100Hz
  5. 電圧利得:Av = 130dB min.
  6. 動作電圧範囲:Vopr = ±3V~±18V
  7. ±5V 電源時特性を保証

などの特徴を有し計測機器/試験装置に最適です。

<開発製品一覧>
製品名 機  能 応  用 外 形
NJM2729 1回路入り
高精度オペアンプ
  • 熱電対アンプ
  • ブリッジアンプ
  • 電流測定回路
  • 高精度計装アンプ回路
  • リファレンス電圧生成回路
EMP8
NJM2729
<製品の機能および特徴の概要> <ブロック図>
NJM2729
<生産予定/サンプル価格>

新日本無線では、NJM2729のサンプル配布を2008年5月より開始し、生産は2008年7月より月産10万個で立ち上げる予定です。

詳細なスペックはこちら
NJM2729

ページトップへ