高精度、超低消費電流C-MOS LDOに遅延回路内蔵リセット機能を追加、ポータブル機器の電源に最適

2007年2月23日

超低消費電流/遅延回路内蔵リセット機能付C-MOS低飽和型レギュレータ NJU7272のサンプル配布開始

新日本無線では、低消費電流化が進むDSC/DVCなどのポータブル機器やTVなどのマイコン周辺回路に最適な、超低消費電流/遅延回路内蔵リセット機能付C-MOS低飽和型レギュレータIC、NJU7272の開発を完了し、サンプル配布を可能としました。

弊社では、高リップル除去比などの優位性を持ったバイポーラタイプのリセット機能付きLDO(NJM2800など)をラインアップしておりますが、バッテリー駆動機器などのマイコン周辺回路では低消費電流品のニーズが高まっています。NJU7272はこのような要求に応えるために開発されたC-MOSタイプのリセット機能付きレギュレータICで、入力電圧を監視しながら、高精度の電源供給を行うことで、マイコンの安定駆動および誤動作防止が可能です。

NJU7272は、ポータブル機器電源などに最適とするため消費電流の低減を追求した結果、リセット機能内蔵ながら3.5µA typ.の超低消費電流を実現しました。さらに出力電圧Vo=±1.0%・検出電圧VDET = ±1.0%の高精度も実現、リセット部には復帰時の遅延機能を内蔵しています。

また、チップレイアウトの最適化により小型化が可能となり、低飽和型レギュレータとボルテージディタクタ(共にSOT23-5)の2製品の機能を同サイズのパッケージSOT-23-6-1(実装寸法2.9×2.8mm)に搭載、その結果、実装スペースを1/2に削減しました。超低消費電流と小型化を実現したNJU7272は超低消費電流が要求されるバッテリー駆動機器や常時稼動のマイコン周辺に最適な製品です。

NJU7272の主な特徴
  1. 従来品のリセット機能付き低飽和レギュレータと比較し低消費電流を実現
    (他社従来品(100mA出力同等品)比 無負荷時消費電流1/3に低減)
  2. 小型パッケージSOT-23-5(実装寸法2.9×2.8mm)に搭載
  3. NJU7270/71(リセット機能付C-MOS LDO)に対しリセット部に遅延回路を内蔵した事により、マイコン周辺のアプリケーションを問わず、幅広い応用回路に対応

などの特徴を有し、常時稼動のマイコンや周辺回路の電源供給および電圧監視機能を一つにまとめることが可能です。

<開発製品一覧>
製品名 機  能 応  用 外 形
NJU7272 リセット機能付き
低飽和型レギュレータ
(遅延回路内蔵、入力電圧監視タイプ)
DSC, DVC, TVなどの
マイコンや周辺回路
SOT-23-6-1
NJU7272
<製品の機能および特徴の概要>
· 超低消費電流   Iq =3.5µA typ.(Io=0mA)
· 高精度出力電圧   Vo =±1.0%
· 高精度検出電圧   VDET =±1.0%
· 出力電圧   1.5V~5V ( 0.1V STEPで対応可 )
· 検出電圧   2.0V~6V ( 0.1V STEPで対応可 )
· 入力電圧検出タイプ
· 出力電流   Io(max.) =100mA
· 0.1µ Fセラミックコンデンサ対応
· Nchオープンドレイン出力
· 過電流保護回路内蔵
· C-MOS構造
· パッケージ   SOT-23-6-1 (2.9× 2.8× 1.2mm)
<生産予定/サンプル価格>
弊社では、NJU7272のサンプル配布を2007年3月より開始し、生産は4月より月産100万個で立ち上げる予定です。
なお、サンプル価格は@¥55です。
詳細なスペックはこちら
NJU7272

ページトップへ