アナログオーディオプロセッサ搭載のカーオーディオでもタイムアライメント機能を実現

2007年12月21日

ディジタルオーディオディレイIC NJU26904のサンプル配布開始

新日本無線では、カーオーディオやホームシアターシステムで、出力信号のタイムアライメントを可能とする、デジタルオーディオ用ディレイIC NJU26904のサンプル配布を可能としました。

近年のDSP搭載のカーオーディオでは、音の到達時間を調整することにより、最良のリスニングポジションで聞いているような音場感を再現するタイムアラインメント機能搭載が標準に成りつつあります。 タイムアライメント機能は、デジタルシステムでなければ実現できない機能ですが、市場からはアナログオーディオプロセッサを搭載した、ロー/ミドルエンドのカーオーディオでもタイムアライメント機能を追加したいという要求があります。NJU26904はこのような市場要求に応えるために開発されたデジタルオーディオディレイICです。

NJU26904は、ディレイメモリと入力セレクタ、6チャンネル入力、6チャンネル出力で構成され、ディレイメモリは最大8,121サンプル分のディレイ時間を実現し、最小約0.02msec~最大約169msecの細かな設定を可能としました。カーオーディオだけでなく、ホームシアターシステムでも最適なリスニングポイントを設定可能なディレイ時間を実現し、『聞きやすい、迫力がある、臨場感がある音作り』を可能としたNJU26904は、アナログオーディオプロセッサを搭載したカーオーディオ、ホームシアターシステムに最適です。

NJU26904の主な特徴
  • Fs=48kHz:最大約169msec、のディレイを実現。
  • ディレイ時間は、最大8,121サンプル分のディレイを6チャンネル出力のそれぞれに1サンプル単位で配分設定が可能。
  • 入力6チャンネル、出力6チャンネルを持ち、各出力チャンネルに対して入力ソースを自由に選択可能。
  • 24ビットまでのI2S/左詰め/右詰め、32/64fsフォーマットの信号に対応。
  • 複数個カスケード接続することにより簡単に個数倍のディレイ時間を作ることが可能。
  • リニアPCM以外の非音声フォーマットにも対応可能。

などの特徴を有し、カーオーディオ、ホームシアターシステムに最適な製品です。

<開発製品一覧>
製品名 機  能 応  用 外 形
NJU26904 デジタルオーディオ
ディレイIC
  • カーオーディオ
  • ホームシアターシステム
SSOP24-C2
NJU26904
<製品の機能および特徴の概要>
· 動作電圧   電源電圧        +3.3V
入力専用端子  +5.0Vトレラント
· 外部クロック周波数   12.288MHz PLL内蔵
· デジタルオーディオI/F   3入力ポート、3出力ポート
· デジタルオーディオフォーマット   I2S 24bit、左詰め、右詰め対応、BCK 32/64fs
· ホストインターフェース   I2Cバスインターフェース(Fast-mode/400kbps)
· C-MOS構造
· 外形   SSOP24-C2
(6.5× 6.4× 1.15mm 鉛フリー対応)
<生産予定/サンプル価格>
弊社では、NJU26904のサンプル配布を2008年1月より開始し、生産は3月より月産10万個で立ち上げる予定です。
なお、サンプル価格は@¥700です。
詳細なスペックはこちら
NJU26904

ページトップへ