5BandPEQ付きドルビープロロジックⅡを搭載しカーオーディオに最適

2007年10月22日

カーオーディオ用デジタルシグナルプロセッサ NJU26203のサンプル配布開始

新日本無線では、ドルビープロロジックⅡを搭載しカーオーディオに最適なDSP (Digital Signal Processor) NJU26203の開発を完了し、サンプル配布を可能としました。

近年のカーオーディオは、DVD再生、地上デジタル放送の受信など、より多機能になってきております。一般的なカーオーディオは、4chまたは6chのスピーカを搭載したステレオ構成になっていますが、より付加価値をつけるため、サラウンド効果などのDSPによる音声信号処理が求められています。
  このような背景から、5.1chサラウンドシステムを簡単に実現し、カーオーディオ製品の多彩なラインアップに対応できる、5Band PEQ(パラメトリックイコライザ)付きドルビープロロジックⅡデコーダへの市場要求が出てきています。
  NJU26203は、ドルビープロロジックⅡ、Bass Managementを搭載した24ビットDSPで、マトリックスエンコード(Lt/Rt)されたPCM信号や、通常のステレオPCM信号をドルビープロロジックⅡ処理によって、最大5.1chの信号に変換します。
  さらに、NJU26203は、5BandPEQを各チャンネル搭載し細かな音質調整が可能、また、マルチチャンネル入力可能とし前段にデコーダを持つ構成にも対応可能としました。これにより、カーオーディオだけでなく、DVDレシーバ/スピーカシステムなどの各種オーディオ機器にも使用可能です。

NJU26203の主な特徴
  • ドルビープロロジックⅡ処理により、ステレオ信号を最大5.1チャンネルの信号に変換可能。
  • Bass Managementにより、スピーカの状態に合わせて36種類の低音出力条件を選択可能。
  • 5Band PEQを7チャンネル分搭載し、各チャンネルのスピーカに合わせた音質調整が可能。
  • Cセンター・ミキサーにより、L/Rの信号をセンタチャンネルから出力可能。
  • リア・センター・ミキサーにより、LS/RS信号をLBにミックス または LB/RBにコピーし、7.1チャンネル出力が可能。
  • 4chステレオ/6chステレオにより、ドルビープロロジックⅡがオフのときでも4ch/6chにL/R信号をコピーし出力可能。車載オーディオに配慮した機能。

などの特徴により、特にカーオーディオに最適です。

<開発製品一覧>
製品名 機  能 応  用 外 形
NJU26203 ドルビープロロジックⅡ,
Bass Manag ement , 5Band PEQ ,
Center Mixer , Rear Center Mixer
カーオーディオ、
DVDレシーバスピーカシステム
SSOP44
NJU26203
<製品の機能および特徴の概要>
· 24bit・100MIPS・固定小数点デシタルシグナルプロセッサ
· 動作電圧   電源電圧( コア: 1.8V , I/O : 3.3V )
入力専用端子( 5.0Vトレラント )
· 外部クロック周波数   12.288MHz PLL内蔵
· デジタルオーディオI/F   4入力ポート、4出力ポート
· デジタルオーディオフォーマット   I2S 24bit,左詰め、右詰め対応、BCK 32/64fs
· ホストインターフェース   I2Cバスインターフェース(Fast-mode/400kbps)
シリアルインターフェース(4線式)
· 外形   SSOP44 (11.0× 7.6× 1.15mm 鉛フリー対応)
<生産予定/サンプル価格>
弊社では、NJU26203のサンプル配布を2007年11月より開始し、生産は12月より月産10万個で立ち上げる予定です。
なお、サンプル価格は@¥1,000です。
ドルビープロロジックⅡおよびダブルD記号 double-D は、ドルビーラボラトリーズライセンシングコーポレーションの商標です。
詳細なスペックはこちら
NJU26203

ページトップへ