マルチモード・マルチバンド対応携帯電話機のアンテナスイッチとして最適

2007年4月27日

SP9Tアンテナスイッチ NJG1653LH4のサンプル配布開始

新日本無線では、マルチモード・マルチバンド対応携帯電話機 [GSM4バンド(850MHz/ 900MHz/ 1800MHz/ 1900MHz) + CDMA(UMTS)3バンド(800MHz/ 1900MHz/ 2100MHz)] のアンテナスイッチとして最適なSP9Tスイッチ NJG1653LH4の開発を完了し、サンプル配布を可能としました。

近年、ビジネスや観光などで国境を越えて携帯電話を使用する機会が増えていますが、使い慣れた携帯電話機を使えることや普段使用している電話番号のまま着信が可能などの利便性から、使用地域を意識させないマルチモード・マルチバンド対応携帯電話機の需要が高まりつつあります。このような状況から、RF回路部の基板スペース増加に伴った、部品の小型化および周辺部品の集積化の市場要求が増加しております。

弊社は、このような市場要求に対応するため、世界的に広く普及しているGSM( Global System for Mobile Communications )方式と第3世代(3G)の方式として急速に普及しはじめているCDMA( Code Division Multiple Access )方式、およびUMTS( Universal Mobile Telecommunications System )方式に対応したアンテナスイッチを製品化しました。

NJG1653LH4は、SP9T( Single Pole Nine Throw )スイッチと制御用ロジック回路およびGSM送信経路用ローパスフィルタ2個( GSM850/900およびGSM1800/GSM1900 )で構成され、4ビットコントロール信号で9種類の信号経路切り替えが可能です。また、スイッチのポート数が増加すると歪み特性が悪化する傾向にありますが、NJG1653LH4は、内蔵の昇圧回路によりIC内部の動作電圧を上げる事によって、業界最高レベルの低歪み特性( IIP3=+68dBm typ. )を実現しています。

NJG1653LH4の主な特徴
  1. 業界最小レベルの小型パッケージ       3.8×3.0×0.9mm (LCSP20-H4)
  2. 高い線形性を有し低歪み特性を実現    IIP3=+68dBm(typ.) @CDMA
  3. GSM送信経路用に2つのローパスフィルタを内蔵し、送信時の高調波を抑制することが可能
  4. ESD保護回路を内蔵

などの特徴を有し、マルチモード・マルチバンド対応携帯電話機のアンテナスイッチとして最適です。

<開発製品一覧>
製品名 機  能 応  用 外 形
NJG1653LH4 SP9Tアンテナスイッチ
GaAs MMIC
♦マルチモード·マルチバンド対応
  携帯電話機
♦マルチモード·マルチバンド対応
  データ通信端末
LCSP20-H4
NJG1653LH4
<製品の機能および特徴の概要>
小型・薄型パッケージ
  LCSP20-H4  (3.8× 3.0× 0.9mm)
低歪み特性   +68dBm typ. @CDMA
+66dBm typ. @UMTS
-75dBc typ. @GSM900 Tx 2fo/3fo
-75dBc typ. @GSM1800 Tx 2fo/3fo
低挿入損失   1.00dB typ. @GSM850 / 900 Tx
1.10dB typ. @GSM1800 / 1900 Tx
0.50dB typ. @CDMA800 / UMTS800
0.60dB typ. @CDMA1900 / UMTS1900
0.65dB tvp. @UMTS2100
ローパスフィルタ内蔵   Attenuation 30dB on GSM850/900 2fo/3fo
Attenuation 30dB on GSM1800/1900 2fo/3fo
ESD保護回路内蔵
<生産予定/サンプル価格>
弊社では、NJG1653LH4のサンプル配布を2007年4月より開始し、生産は2007年10月より月産25万個で立ち上げる予定です。
なお、サンプル価格は@¥300です。

ページトップへ