USB充電電圧補正機能内蔵電源IC NJM2815、NJM2816、NJW4119 3製品の量産開始

2015年7月23日

新日本無線株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:小倉 良)は、電圧補正機能を内蔵した電源IC、NJM2815、NJM2816、NJW4119の3製品の量産を開始しました。


【概要】

近年、スマートフォンやタブレット端末等のモバイル機器は、高機能化等で搭載バッテリの容量が増加しています。

従来、USB端子からモバイル機器を充電するため供給される充電電流は500mAでしたが、最近は急速充電に対応したモバイル機器の普及により、給電側に高出力の充電電流を供給する能力が求められています。しかし充電電流を大電流化すると、USB端子とモバイル機器を接続するケーブルの配線抵抗による電圧降下が増加し、モバイル機器への充電電圧がUSB規格を満たさなくなる問題が発生します。

この電圧降下による問題を解決する、電圧補正機能を備えた、リニアレギュレータタイプ NJM2815、NJM2816およびスイッチングレギュレータタイプ NJW4119の量産を開始しました、用途に応じて選択する事が可能です。


【特長】

1. 高精度な電圧補正機能 (NJM2815/NJM2816/NJW4119)

USB端子からモバイル機器までの電圧降下を補正するため、特許出願中の高精度な電圧補正機能を有しています。

2. エラーフラグ出力機能(NJM2815/NJM2816/NJW4119)およびパワーグッド出力機能内蔵(NJW4119)

USB充電電圧供給時に動作異常が発生するとエラーフラグ出力機能により、即座にマイコンに動作異常を通知することが可能です。そのため、機器のフェイルセーフ設計が容易になります。また、NJW4119にはパワーグッド出力機能を内蔵しており、出力電圧が正常に立ち上がっていることをマイコンへ通知することが可能です。

3. フラットな温度特性を持つ電流値が設定可能な定電流型過電流保護回路内蔵(NJW4119)

フラットな温度特性を持ち、なおかつ定電流値を設定可能である過電流保護機能を内蔵しているため、環境温度変化に対しても安定した動作が可能になります。

NJM2815, NJM2816, NJW4119
左 : NJM2815GM1(HSOP8-M1パッケージ)
中 : NJM2816GM1(HSOP8-M1パッケージ)
右 : NJW4119VP1(HTSSOP24-P1パッケージ)

【製品機能】

代表特性 NJM2815 NJM2816 NJW4119
タイプ リニアレギュレータ リニアレギュレータ スイッチングレギュレータ
出力電圧 5.1V±1% 5.1V±0.9% 5.1V±1%
5.185V±1%
出力電流 1.0A対応 1.5A対応 2.4A対応
耐圧 10V 10V 45V
電圧補正 VO+250mV
@RADJ=10kΩ
IO=0A to 1.0A
VO+375mV
@RADJ=10kΩ
IO=0A to 1.5A
VO+253mV
@RADJ=10kΩ
IO=0A to 2.0A
FLT出力
PG出力 - -
過電流保護機能
外付け抵抗で設定可能
サーマルシャットダウン
天絡対応 √(条件付き保護) √(条件付き保護) √(天絡検出機能)
パッケージ HSOP8-M1 HSOP8-M1
S-PAK7(UD)
HTSSOP24-P1

【アプリケーション】

USB端子を装備するアプリケーション全般
カーAV、民生機器等
出力電流能力別によるアプリケーション
NJM2815(IO=1A    USBアプリケーション全般)
NJM2816(IO=1.5A    急速充電対応のスマートフォン等)
NJW4119(IO=2.4A    タブレット端末等)

【生産予定/サンプル価格】

生産量産中
参考価格NJM2815 @¥150.-
NJM2816 @¥160.-
NJW4119 @¥200.-

【本件に関するお問い合わせ先】

製品のご用命、技術的お問い合わせ 電子デバイス事業部 第二商品企画部 第一企画課
TEL:049-278-2172
プレスリリース、取材お問い合わせ 電子デバイス事業部 第一商品企画部 広告企画課 担当 西田
TEL:049-278-1497  e-mail:semicon@njr.co.jp

このリリース内容は発表日時点の情報です。最新情報につきましてはお問い合わせください。

ページトップへ