外部機器のクロックと同期が可能なカレントモード 45V耐圧MOSFET内蔵昇圧用スイッチングレギュレータIC「NJW4132」を開発完了

2014年3月26日

新日本無線株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:小倉 良)では、外部機器と同期が可能な昇圧用スイッチングレギュレータIC NJW4132の開発を完了しました。


NJW4132は、45V耐圧・ 1.75AのパワーMOSFETを内蔵した昇圧用スイッチングレギュレータIC です。外部機器のクロック信号を入力することでスイッチング周波数を同期して動作させることができます。ソフトスタート機能による安定した回路起動と過電流・過熱保護機能で異常時の回路保護が可能です。

また、カレントモード(電流制御)方式採用のため、出力セラミックコンデンサを使用する際の制約を軽減、位相補償回路内蔵により複雑な位相補償設計が不要です。カーアクセサリ、OA 機器、産業機器などの昇圧回路やLEDの電源供給に最適です。


【特長】

1. 外部機器と同期が可能

外部機器のクロック信号を入力することで、スイッチング周波数を同期して動作させることが可能です。たとえば、スイッチング周波数がAMラジオの品質に影響を与える場合、チューニング周波数帯に対して外部のクロックで周波数を可変し、ラジオへの影響を回避することができます。カーAVやホームAVなどのAMラジオ搭載機器の電源回路・液晶電源・オーディオ用電源に適しています。

2. 少ない外付け部品で昇圧アプリケーションを構成

位相補償回路内蔵により、従来11点必要だった外付け部品を7点に削減。(電圧制御方式の自社同等機能製品と比較) 少ない部品点数で昇圧アプリケーションを構成することが可能です。

3. 広範囲の電源電圧に対応 (ワイドインプットレンジ製品)

4.5Vから40Vの広い範囲での電源電圧に対応します。自動車のアイドリングストップ機能動作時など、バッテリー電圧が低下する際の動作維持に最適です。

【製品機能】

NJW4132
SOT89-5pin
4.5×4.5×1.5mm
カレントモード制御
外部クロックに同期可能
セラミックコンデンサ対応
PWM制御方式
位相補償回路内蔵
低電圧誤動作防止回路内蔵
過熱保護機能
スタンバイ機能
ソフトスタート機能 10ms typ.
過電流保護機能 ヒカップ方式
広動作電圧範囲 4.5V~40V
スイッチング電流 1.75A min.
内部発振周波数 300kHz typ. (A ver.)
700kHz typ. (B ver.)
外形 SOT-89-5

【アプリケーション】

カーAV機器
液晶パネル
オーディオ回路

【生産予定/サンプル価格】

サンプル配布 開始済
生産予定 量産中
サンプル価格 @¥120.

【本件に関するお問い合わせ先】

製品のご用命、技術的お問い合わせ 半導体販売事業部 第二商品企画部 第一企画課
TEL:049-278-2172
プレスリリース、取材お問い合わせ 半導体販売事業部 第一商品企画部 広告企画課 担当 小林
TEL:049-278-1497  e-mail:semicon@njr.co.jp

詳細なスペックはこちら
NJW4132

ページトップへ