ローパワーCMOSオペアンプ NJU77806 業界最高のローノイズを実現

2013年10月31日

新日本無線株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:小倉 良)では、業界最高のローノイズ*(5.5nV/√Hz typ. at f=1kHz)と、ローパワー(500μA)を両立させ、さらに広帯域特性 (GBP=4.4MHz)と高RFノイズ耐性も兼ね備えた、1回路入り出力フルスイングCMOSオペアンプ NJU77806を開発しました。

*(消費電流=2mA以下のCMOSオペアンプについて、当社調べ)

【概要】

NJU77806は業界最高のローノイズでありながら、相反するローパワーを高いレベルで実現したCMOSオペアンプです。低周波領域でのローノイズを要求されるサーボ系向け振動センサ、人感センサ、計測器、マイクロホンの増幅用途に最適です。

消費電流が従来製品より低く抑えられているため、ローパワーが要求されるバッテリ駆動機器にも適しています。


【特長】

NJU77806特性
1. 業界最高のローノイズ(5.5nV/√Hz typ. at f=1kHz)とローパワー(500μA)を両立

一般的に、ローノイズを実現するには消費電流を増やす必要があります。またCMOSオペアンプでは、CMOSトランジスタの持つ1/fノイズの存在により、低周波数領域でのローノイズ化は困難とされてきました。NJU77806は回路、レイアウトの最適化に加えてローノイズウエハプロセスを新規に立ち上げ、業界最高のローノイズと、ローパワーを両立させています。

2. 広帯域特性(GBP=4.4MHz)を備えています

NJU77806は、GBP=4.4MHzという広帯域と合わせ、広帯域ローノイズアンプをローパワーで実現できます。

3. RFノイズ耐性に優れています

微小信号を扱うセンサアンプ用途では、携帯電話やワイヤレスLANからの放射電波による誤動作の影響を受けやすく、高RFノイズ耐性は重要な特性となります。NJU77806はローノイズを保ちながら、RFノイズ耐性を向上させています。

【製品機能】

NJU77806
NJU77806
入力換算雑音電圧 f=10Hz 11nV/√Hz
f=1Hz 5.5nV/√Hz
消費電流 500μA typ.
GB積 4.4MHz
スルーレート 1.1V/μs
電源電圧 単電源 1.8V to 5.5V
両電源 ±0.9V to ±2.75V
出力フルスイング (RL=10kΩ) 0.05V to 4.95V (@VDD=5V)
グランドセンス
同相入力電圧範囲 VSS-0.1V to VDD-0.9V
入力オフセット電圧 2mV max.
入力オフセット電圧ドリフト 1.5μV/°C typ.
高RFノイズ耐性
パッケージ SC-88A

【アプリケーション】

ローノイズマイクアンプ
フォトダイオードアンプ
ショックセンサーアンプ
加速度センサーアンプ
セキュリティ機器
ワイヤレスLAN
通信機器

【生産予定/サンプル価格】

サンプル配布 2013年10月より
生産予定 2013年11月より月産5万個で生産予定
サンプル価格 @¥100.

【本件に関するお問い合わせ先】

製品のご用命、技術的お問い合わせ 半導体販売事業部 第一商品企画部 第一企画課
TEL:049-278-2508
プレスリリース、取材お問い合わせ 半導体販売事業部 第一商品企画部 広告企画課 担当 小林
TEL:049-278-1497  e-mail:semicon@njr.co.jp

詳細なスペックはこちら
NJU77806

ページトップへ