パルスオキシメータや脈拍計に最適な反射型センサ「NJL5501R」を開発

2013年4月25日

新日本無線株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:小倉 良)では、パルスオキシメータ(酸素飽和度計)や脈拍計などに最適な、近赤外光(波長940nm)、赤色光(波長660nm)の2つのLEDとフォトトランジスタを1つのパッケージに搭載したフォトリフレクタ、NJL5501Rを開発しました。


【概要】

現在主流のパルスオキシメータは、指など体の突出した部位をLEDとフォトトランジスタで挟み、その透過光を測定する構造のため、装着時の圧迫感や血流の阻害といった課題があります。

新日本無線では近赤外光、赤色光の2つのLEDとフォトトランジスタを1つのパッケージに搭載することで、挟み込むことなく反射光での測定を実現し、この課題を解決可能としました。


測定方法の比較
測定方法の比較

*
パルスオキシメータは、血液中の”ヘモグロビンの、酸素との結合の有無による近赤外光と赤色光の吸収率の違い“を利用して動脈血の酸素飽和度を計測する機器で、現在は近赤外光及び赤色光の”透過光“を検知する形での計測が主流です。

【特長】

1.反射式パルスオキシメータの開発に貢献

NJL5501Rは、近赤外光と赤色光の反射光を測定することにより、パルスオキシメータを指など体の突出した部位を挟み込む形でなく、貼り付ける構造にできます。

2.パルスオキシメータで要求される発光波長範囲を採用

NJL5501Rは、パルスオキシメータで要求される発光波長範囲を採用しているため、精度の高い測定を可能にします。

3.パルスオキシメータ用2波長フォトリフレクタの1チップ化

NJL5501Rは、2つのLEDとフォトトランジスタを業界で初めて1チップ化しました。

* 2013年4月‐新日本無線調べ

【製品機能】

NJL5501R
NJL5501R
発光波長
660nm ±3nm (赤色光)
940nm ±10nm(近赤外光)
出力電流
1.0mA ~ 4.3mA(赤色光)
145μA ~ 580μA (近赤外光)
外 形 COBパッケージ(1.9mm×2.6mm×0.8mm)
鉛フリー、ハロゲンフリー
RoHS対応

【アプリケーション】

パルスオキシメータ(酸素飽和度計)
脈拍計

【生産予定/サンプル価格】

サンプル配布 2013年4月より開始済
生産予定 2013年5月より月産5万個で生産可能
サンプル価格 @¥300.

【本件に関するお問い合わせ先】

製品のご用命、技術的お問い合わせ 半導体販売事業部 第二商品企画部 第二企画課
TEL:049-278-2170
プレスリリース、取材お問い合わせ 半導体販売事業部 第一商品企画部 広告企画課 担当 小林
TEL:049-278-1497  e-mail:semicon@njr.co.jp

詳細なスペックはこちら
NJL5501R

ページトップへ