MUSES8920は2回路入りJ-FET入力オペアンプで、多くのオーディオ機器への搭載と、多くのオーディオファンに"真実の音"を提供することを目的として開発された、MUSESシリーズのマスプロダクションモデルです。これまでMUSESシリーズで求めてきた高音質を踏襲しながら、よりクリアで立体的なサウンド再現と高い生産性を両立させました。
MUSES8920では新たにチップレイアウト、素材などの見直しを行い、既にリリースしているMUSESシリーズ同様に徹底的な試聴を繰り返し、開発しています。癖のない音作りにより多様な音楽ジャンルに適するため、より多くのオーディオファンに高音質を体験していただけます。
また、DIPパッケージ(リード挿入型)に加え、オーディオ機器メーカーでの量産性向上及び環境負荷軽減を考慮した、鉛フリー/ハロゲンフリー対応の表面実装タイプパッケージもラインアップしています。

MUSES8920

特 長

動作電源電圧
Vopr= ±3.5V ~ ±16V
低雑音
8nV/√Hz typ.
入力オフセット電圧
VIO= 0.8mV typ. 5mV max.
入力バイアス電流
IB= 5pA typ. 250pA max. @Ta=25°C
電圧利得
Av=135dB typ.
スルーレート
SR=25V/µs typ.
バイポーラ構造
 
外形
DIP8 (実装面積8.8×6.4×6.75mm)
EMP8 (実装面積5.0×6.0×1.65 mm typ.)
ESON8-X7 (実装面積3.5×4.0×0.7 mm typ.)
応用
ハイエンドオーディオ機器/プロ用オーディオ機器

プレスリリース

MUSES8920