MUSES8832は2回路入りバイポーラ入力オペアンプで、MUSESオペアンプ フラグシップモデルで培った回路技術、レイアウト技術を用いて開発されたMUSESシリーズ オペアンプの低電圧動作モデルです。
これまでMUSESシリーズが求めてきた高音質の開発コンセプトを踏襲しながら、低電圧動作(±1.35V、+2.7V)を可能とし、低雑音(2.1nV/√ Hz typ. at f=1kHz)特性により、低電圧駆動のポータブルオーディオ機器やカーオーディオ機器に最適な、高品位なサウンドを再現します。
オーディオ機器メーカーでの量産性向上、及びポータブル機器への搭載に最適な小型表面実装タイプパッケージをラインアップしています。
また、環境負荷軽減を考慮した鉛フリー/ハロゲンフリーにも対応しています。

MUSES8832

特 長

動作電源電圧
Vopr= ±1.35V ~ ±7V (+2.7V ~ +14V)
低雑音
2.1nV/√Hz typ. at f=1kHz
低歪率
0.0009% typ. (V+=5V, Vo=1.3Vrms 時)
広利得帯域幅積
10MHz typ.
外形
EMP8SSOP8-A3ESON8-W1
応用
ハイエンドオーディオ機器/ポータブルオーディオ機器/カーオーディオ機器

プレスリリース

MUSES8832