MUSES
音の秘石。

CONCEPT

心に響く
"真実の音"

CONCEPT

心に響く"真実の音"

音楽信号を正確に伝達することを要求される電子部品はいくつかあります。それらはオーディオ製品の価値を左右する非常に重要な部品です。信号を正確に伝達するためには、数値データを追い求めるのもひとつの方法です。
しかし、本当にそれだけで充分なのでしょうか。私たち新日本無線は、最終的に音を感じるのは人間の" 耳"であり" 感性"であると考えます。
だからこそ、常に" 音楽を楽しむユーザの耳"にこたえることを重視し、そのためのノウハウの蓄積と技術を磨き続けています。
優れたオーディオ特性はもとより、徹底的に試聴を繰り返し、人の感性に響く音を追求した最高峰の半導体デバイス。
それが「MUSES」です。

FLAGSHIP

人々の感性に
響く音をー

FLAGSHIP

人々の感性に
響く音をー

MUSESフラグシップモデルは、従来では音質向上を実現する際の障壁になっていた、材料・チップサイズ・生産性などを意識せず音質を追求し開発した半導体デバイスです。

see more

真実の音を聴きたい

真実の音を聴きたい

デジタル音源圧縮技術の普及により、多くの人々が音楽をいつでもどこでも手軽に楽しむ事が出来る時代となりました。この満たされた利便性の次には「もっと良い音で楽しみたい」という声が高まっています。
MUSESは、このオーディオファンと想いを同じにする情熱を持ったエンジニアたちの手によって開発され、初めて商品化に成功したオーディオ用オペアンプです。「音楽は単なるデジタル情報ではなく感じるもの」との思いに立ち、人々の感性に響く音を提供します。私たちが常に追究し続けているもの、それは真実の音です。

真実の音は素材の厳選から

真実の音は素材の厳選から

一般的に無酸素銅を使用したスピーカーケーブルなどは良質な音が得られると言われています。最高の音質を追究するため「パーツや材料にもこだわって欲しい」というオーディオエンジニアやファンの想いを具体化するため、ICのリードフレームに世界で初めて高純度の無酸素銅を採用しました。*1
今回用いた無酸素銅は、高度な信号伝達特性が求められる、レーダ用真空管(マグネトロン)に当社が独自に成分配合したものと同じ素材です。(M-Spec.フレーム)厳選された素材が微少信号の中に埋もれやすい演奏者の息づかいまでも再現します。

*1:2009年5月、当社調べ

厳選された素材を常識にとらわれない技術で

厳選された素材を常識に
とらわれない技術で

厳選された素材を活かすため、これまでのパッケージとアッセンブリーの常識にとらわれない手法を用いて開発しました。楽器ひとつひとつが奏でる繊細な音、演奏者の渾身の想いをあますことなく引き出したい。このリアルで繊細な音場再現を妨げる要因の一つとして、左右の独立性やバランスの悪さが考えられます。
MUSESは、チャネルセパレーションと左右の対称性を徹底的に高めるため、ASD Technology *2を採用することで、フルオーケストラやフルコーラスの描き出すリアルで繊細な旋律を再現します。

*2:Advanced Symmetry Die-bonding Technology

真実の音を楽しむ

真実の音を楽しむ

究極の目標は「生演奏の感動」を日常の中で感じていただくことです。「生演奏の感動を自分の好きな場所で楽しむ」ことを目指して、実際にホールに出向いて生演奏録音を行い、それを試聴用音源として利用し、自社リスニングルームでの徹底的な試聴を繰り返しました。
特に、数値として表わせない「音の奥行き感」「広がり感」「楽器の響き」にこだわり、回路構成、チップレイアウト、製造プロセスを最適化しました。音にこだわり、全てを見直した"MUSES"を提供します。

FLAGSHIP MODEL

NEWS

2016年12月22日
MUSES オフィシャルWebサイト リニューアル
2016年10月10日
「MUSES7001」「MUSES7003」SiC-SBD(シリコンカーバイド ショットキーバリアダイオード)をWebからご購入いただけます。
2016年10月10日
「MUSES7001」「MUSES7003」SiC-SBD(シリコンカーバイド ショットキーバリアダイオード)を公開
SCROLL